好きな人に好意を持ってもらえる相槌の打ち方

カップル

自分の好みの人がいても、いいなあ、と思うだけで話しかけられない……。

どんな会話をしたらいいのかわからないし、会話をうまく続けられる自信がないから声もかけられない……。

もし、あなたが他人との会話が苦手で恋に臆病になっているなら、楽しく会話を弾ませられる簡単なテクニックを教えよう。そのテクニックとは、相手の話に、タイミングよくあいづちを打つこと。

「そんなことだけでいいの?」

と思うかもしれないが、会話を進めるにはこれがとても重要なのだ。会話を上手く続けられたり、聞き上手な人は会話の途中であいづちをしている。

今回は、あいづちの大切さを説明していく。

会話の楽しみ

人が、「会話が楽しい」と感じているときは、だいたい自分が話したい話題をテンポよく話しているときだ。

自分が話したいことを誰かに聞いてもらうというのは、とても気持ちのいい体験になる。

もしあなたが好きな話題を話している途中で、会話相手が興味あり気にあいづちをしていたら嬉しい気持ちになり、会話をもっと続けたくなるだろう。

あいづちをされることにより、自分も心配することなく会話を続けやすくなる。会話を上手く続けられたり、聞き上手な人はあいづちが上手なのだ。

同調

好きな人に好意を持ってもらえる相槌の打ち方 2

誰もが、「自分の話を誰かに聞いてもらいたい」と悩みを持っていても実は聞き手になってくれる人は身近になかなか存在しない。

もし、仲良くなりたい相手、あるいは好きな人がいるなら、まずは相手が話したい話題を自分から話し出すことだ。そして、相手が話し出したらそれをしっかりと聞いてあげることが大切になる。

そのために重要なのが、あいづちなのだ。相手が話している途中に、

・「それで?」

・「へえ、そうなの」

・「うんうん」

・「それからどうなったの?」

などのように少しの言葉をいれながら、熱心に聞いてあげるといい。

あいづちにも色々なバリエーションがある。

相手が楽しくポジティブな話をしてら小刻みに小さくうなずく、暗くネガティブな話をしたら深くゆっくりうなずく。話の途中で同意をする、それからどうなったのか質問をする、話に納得をするなど。

このようにあいづちといっても、たくさんの種類がある。どのタイミングで、どのあいづちをするのかも考えなければいけない。

このようなことは、同調を表す合図だ。

だいたいの人は自分に同調し、理解を示してくれるとその相手に好意を持ち、心を開きやすくなる。だが、どれだけ会話の量が多くても、自分の話ばかりでは相手の気持ちをつかむことはできない。

会話の多さを数値で表すなら相手の話を7割、自分の話は3割にしよう。

そのように会話の量を調整することで、同調していることをはっきりと相手に示すことができる。

まとめ

楽しく会話ができる簡単なテクニックは相手の話に、あいづちを打つことだ。だいたいの人は自分に同調し、理解を示すと相手を好きになる。

会話の多さは相手の話を7割、自分の話は3割にするといい。

肌が綺麗な女性がモテやすい5つの理由

女性の黒髪と金髪、男性はどちらを恋愛対象にするか

恋人が欲しい方へ

カップル

当サイトが現在お奨めする恋活アプリは「ペアーズ」です。


私も半信半疑で登録したことがありますが、何人かの男性から「いいね!」を押され、その内の4人と実際に会いました。


正直ネット恋愛での恋愛は期待していませんでしたが、予想よりも普通の男性でホッとし、中には年収700万の男性もいました。


ペアーズはネット恋愛の中でも特に有名で、彼氏が欲しい女性のみなさんは大体ペアーズに登録しています。


今なら女性0円で登録できますよ。彼氏がほしい方は、是非、登録してみてください。


ペアーズの詳細はこちら


ペアーズの口コミ・女性向け