男性が女性に花束をプレゼントしたときの5つの心理

カップル

男性は友人の女性や好きな女性に対して、プレゼントに花束を送ることがあります。

クリスマスやバレンタインデー、女性の誕生日などのイベント日に花束をプレゼントするのですね。

男性から花束をプレゼントされるのは嫌な気持ちにはならないものですが、男性はどんな心理で花束をプレゼントしているのでしょうか?

今回は、男性が女性に花束をプレゼントする5つの心理を説明します。

こんな人にオススメ!

・男性に花束をプレゼントされた
・好きな人から花束をプレゼントされて戸惑っている
・知り合いの男性からいきなりプレゼントされた
・女性に花束をプレゼントする男性の気持ちを知りたい

適当な気持ちでプレゼントした

花

「花束を贈る」というのは特別な行動のようにも感じられますが、実は、男性はそう思っていないことが多いです。

花というのは、だいたいの女性が好きな植物で、「花が嫌い」という女性は、花粉症以外の人にはなかなか見当たらないでしょう。

更に、プレゼントするさいも、ネックレスや指輪のように悩む必要がありません。

ネックレスや指輪などの装飾品は、女性の好みや好きな色、お互いの関係を考えて贈らないといけませんが、女性の好みを知らないとアクセサリーはプレゼントしにくいもの。

「花束を選ぶのも難しい」と思う女性もいるかもしれませんが、今のお花屋さんでは、店員に「オススメの花束を選んでくれませんか?」と聞くだけで綺麗な花束が完成するのです。

そのため、「たいていの女性は花が好きだから、花束をプレゼントしよう」という、適当な気持ちで花束をプレゼントをした可能性があります。

女性に何をプレゼントしたらいいかわからなかった

花

男性に女性の友人がいなかったり、恋愛経験が少ないと、女性になにをプレゼントしたらいいのかわからなくなくなります。

その男性があなたに好意を持っているか、あるいは感謝の気持ちでプレゼントしたのかは人によって異なりますが、とにかく男性が女性慣れしていないのです。

そのため、「女性はなにをプレゼントされたら嬉しくなるんだ?」という、疑問を持ったとしても、真面目な男性はずっと考えてしまうのですね。

その考えの結果、花束をプレゼントした、ということも考えられます。

紳士的なところをアピールしたい

カップル

男性が花束を持ち、女性にプレゼントをするシチュエーションは、ロマンチックなことです。

ドラマや漫画などでも、男性が女性にプロポーズするときは、だいたい花束をプレゼントしていますよね。

そのため、「女性に花束をプレゼントしてみたい!」という男性もいます。

「花束を女性にあげた男性は、紳士的な男性に見える」と考えている男性は、紳士的なところをアピールしようと、女性に花束をプレゼントします。

ちなみに、昔のヨーロッパでは貴族が貴婦人に花をプレゼントする習慣があったため、その習慣を男性が知っているかもしれません。

好きな女性に、ロマンチックな雰囲気を与えたいときや、優しいアピールをしたいときにも花束を贈ります。

実用的ではないため、プレゼントをした

花

アクセサリーや服、香水などの身に付ける物をプレゼントすると、女性は使おうか使わないか迷ってしまうことが多いです。

好きな人からプレゼントされたならともかく、知り合いや友達の男性からプレゼントされたら、つけようかつけないか悩んでしまいますよね。

男性は女性が困るのを既に知っていて、「〇〇さんにアクセサリーをプレゼントしたら困るかもしれない」という気遣いで、プレゼントをしたという場合もあります。

この場合は、男性が女性に配慮しているので、男性の気遣いが上手い、女性の扱いに慣れている、相手の立場になれるまじめな性格、という可能性があります。

男性が女性の扱いになれていたら「まだ親しくないから相手も困らない花束をプレゼントしよう」という気持ちになりますし、男性が真面目な性格だったら「服をプレゼントされても困るだろうから花束をプレゼントしよう」という心理になるわけです。

クリスマスやバレンタインデー、女性の誕生日など、イベント日にプレゼントをされたら、気を遣われた可能性もあります。

花束に花言葉を添えた

花

花束は便利なもので、花の種類や本数、さらには色や大きさなどでも花言葉をたくさん作れます。

例えば、バラを1本プレゼントすると一目惚れ、3本だと告白、999本だと「何度生まれ変わってもあなたを愛する」というような感じです。

他にも、赤色のバラは【死ぬほど恋い焦がれている】【灼熱の恋】、青いバラは【奇跡】【神の祝福】など、本当に花にはいろいろな花言葉が存在するんですね。

恥ずかしくて好きな女性に告白できない男性は、花言葉を考えて花束をプレゼントしている可能性があります。

バラの花言葉の例
赤いバラ
【死ぬほど恋い焦がれている】【灼熱の恋】
【永遠の愛】 etc.
ピンクのバラ
【輝かしい】【美しい少女】
【恋の誓い】 etc.
黄色のバラ
【友愛】【励まし】
【薄れゆく愛】 etc.
白のバラ
【素朴】【約束を守る】
【私はあなたにふさわしい】 etc.
黒のバラ
【憎しみ】【あなたはあくまで私のもの】
【決して滅びることの愛】 etc.

花束を渡すプロポーズのアンケート

花

最愛の彼女にプロポーズを予定しているなら、豪華な花束を贈ってプロポーズをするといいですね。

マッチアラームでは、「サプライズな演出で男性からプロポーズされたいですか?」というアンケートが行われており、その答えも出ています。

男性が女性に花束をプレゼントしたときの5つの心理マッチアラーム

「サプライズな演出で男性からプロポーズされたいですか?」という質問に対して、「はい」と同意した女性が78.4%という大多数の結果になりました。

このことからわかるのは、女性はプロポーズをされるとき、普通にプロポーズをされるよりも、花束などの贈り物を渡されながらプロポーズをされることにロマンチックさを感じる、ということです。

金額を重視しているわけではなく、どれだけ素敵な思い出が残るかが重要なのですね。

何の前触れもなくバラの花束を男性からプレゼントされるのは、女性の憧れなのです。

そのため、女性にプロポーズをしようか悩んでいる男性は、女性に花束をプレゼントしながらプロポーズするといいかもしれません。

まとめ

カップル

・適当な気持ちでプレゼントした
・女性になにをプレゼントしたらいいかわからなかった
・紳士的なところをアピールしたい
・実用的ではないため、プレゼントをした
・花束に花言葉を添えた

男性が女性に花束をプレゼントしたのは、適当な気持ちでプレゼントした、あるいは男性が真面目な性格で女性慣れしていなく、何をプレゼントしようか困った可能性があります。

ほかにも、男性がロマンチックな性格でプレゼントした、女性のことを考えてプレゼントしたということも考えられます。

その男性が女性を好きだった場合、もしかしたら男性は花言葉を考えて女性に花束をプレゼントしたかもしれませんね。

クリスマスまでに恋人が欲しい方へ

ハート

当サイトが現在お奨めする恋活アプリは「Match(旧マッチドットコム)」です。


私も「ネットで知り合った相手なんか信用できない」と思いながらも半信半疑で登録したことがありますが、何人かの男性から「いいね!」を押され、その内の5人と実際に会いました。


正直ネット恋愛での恋愛は期待していませんでしたが、予想よりも普通の男性でホッとし、中には年収800万の男性もいました。


Matchはネット恋愛の中でも特に有名で、彼氏が欲しい女性のみなさんは大体Matchに登録しています。


世界25か国以上で展開されていて、アメリカではネットで結婚するカップルの3分の1が、このMatchの利用者です


もちろん、アメリカ人だけではなく、イタリア人男性、フランス人男性、韓国人男性とも出会えるでしょう。


今なら女性0円で登録できますが、いつ有料登録になるか分かりません。彼氏がほしい方は、是非、登録してみてください。


素敵な男性があなたの彼氏になれば、彼氏とのデートも楽しくなり、毎日が新鮮に感じます。


朝起きた時にも、彼氏が隣で寝ていると幸せな気持ちになれますよね。


あなたがマッチで素敵な男性と幸せになれることを、ささやかながらに願っています。


Matchの詳細はこちら


マッチで男性と出会えるの?6か月本気で使ってみました