心の距離と体の距離

女性

対人関係の物理的な距離は、相手との関係性によって大きく変わっていく。自分が勤めている会社の部下との間にとる距離、仲の良い友人なら許せられる距離、恋人や夫婦にしか近づけない距離、これらは全て違う。

こうした人と人との距離について、人類学者のホールは、人は自分の周りに四つのヒューマン・スペースを持っていると言っている。

今回は、ヒューマン・スペースについて説明していく。

ヒューマン・スペース

公的ゾーン(3.3m以上)

まったく関係ない人との距離。個人的な関係はない、知らない人との距離。

公的スペースにいる他人。

社会的ゾーン(1.2〜3.3m)

フォーマルレベル。

あまり親しくない知人レベル。勤めている会社の上司や学校や会社の顔見知りの人など。

対人的ゾーン(0.6〜1.2m)

プライベートレベル。

手を伸ばせば届く距離。少し仲の良い友人や友達など。

親密ゾーン(0.6m以内)

接触レベル。

心と体の、両方とも触れあうことをお互いに許し合っている距離。好きな恋人や将来を約束した夫婦など。

距離の違和感

このすべては自分を守るテリトリーのようなもので、その範囲を許さない人が勝手に入ってきたら、違和感や不快感を覚える。

例えば人が密集している満員の電車などで、見知らぬ人が親密ゾーンに入り込んでくると、嫌な気分になる。このような心理があるため、他人と近づかなくてはならない満員電車は苦痛になるのだ。

だが、恋人や夫婦などのパートナーが相手だと、ヒューマン・スペースへの意識が働かなくなる。

とても近い距離にいようが不快な気持ちにはならないため、抵抗感がなくなるのだ。

もし、片思いをしている異性と、もう一歩を踏み出したいと考えているなら、わざと親密ゾーンまで入ってみよう。相手が違和感なくその距離を受け入れてくれたなら、カップルになれる可能性はじゅうぶんにある。

ボディタッチのやり方と効果

まとめ

対人関係の距離について、人類学者のホールは自分の周りにヒューマン・スペースを持っていると言う。

ヒューマン・スペースは公的ゾーン、社会的ゾーン、対人的ゾーン、親密ゾーンの四つがある。

女性の黒髪と金髪、男性はどちらを恋愛対象にするか

肌が綺麗な女性がモテやすい5つの理由

男性をメロメロにする香水、リビドーロゼ

植物

「好きな人にアピールするのが恥ずかしい!」と考えている方は、ベッド専用香水リビドーロゼを付けてみてください。


ベッド専用香水なのですが、男性の本能を揺さぶる香りなので、好きな人を引き付けることができます。


特に、注目してほしいのが、リビドーロゼは香水、という点です。


ネット上で「好きな人と両思いになる方法」と検索してみても、「積極的に話しかける」「追いかけられる女になる」「気があるのかな?と思わせる」といったことばかり。こんな難しいこと、できるなら、もうとっくにしていますよね。


上の方法は曖昧に書かれていて実行するのも難しいですが、香水なら付けるだけでOKなんです。


そのため、「追いかけられる女ってなに?」とか「気があるのを思わせるってどこまですればいいの?」という考えをしなくてもよくなるんですね。


リビドーロゼを、好きな人と会う前に内ももにワンプッシュし、いつも通りにするだけで終わりです。


リビドーロゼの詳細はこちら