恋愛成熟の鉄則!男性を褒めると好意を持たれる

女性

会社で働いていて、自分の意見や行動を他人に誉められると嬉しい気持ちになれる。誰かから誉められて認められれば不快な気分になる人は、まずいないだろう。

人は誰しも、

・「誰かに認められたい」

・「自分の意見に賛成してほしい」

という心理があるため、その願いに答えてくれる人を常に求めているのだ。

このようなことを心理学では、社会的是認欲求、または自己肯定欲求と言う。

今回は、この社会的是認欲求について説明していく。

社会的是認欲求がなぜあるのか

なぜ人にはこの欲求があるかというと、「苦しいことや辛いことは可能な限り避けて、安心して毎日を生きたい」という心理があるから。

毎日興味を持つような視線を向けられていたり、どのタイミングで攻撃や反論が襲ってくるか判断できないような場所にいては、安心して生きることなど難しいだろう。

そのため、自分の意見や行動をいつも認めてくれる人がいると、嬉しい気持ちになれるし、自己評価も高くなるため相手にも好意的になれる。

しかし、普通に生きていると他人に誉められるのは少ないだろう。特に日本人は他人を誉めるのが苦手で、お互いの心理を満足させることが難しい。

そのため、自分を認めてくれた人には他の人よりも好意的に接することができるのだ。

認めてくれた相手が異性の場合

認めてくれた相手が異性なら心地良い感覚をくれた人になるため、恋愛にも発展しやすくする。

自分のことを繰り返し相手に認められると、好意から恋愛感情に変わる。

「こんなに自分を認めてくれるなら、一緒にいても安心できるだろう」と考え、心を開くようになるのだ。

もし片想いの相手がいるなら、相手を認める、高く評価する、誉めるなどのことをすると、相手が自分に好意を持ってくれるだろう。

好きになってくれた人を好きになる

バーのママ

バーに行ったことがある人ならわかると思うが、バーのママは男性をとても認めている会話をしている。

男性が会社で上手くことを運び、その自慢話をしていたとすると、

・「さすが〇〇さんね」

・「とてもすごいわ」

・「尊敬しちゃうわね」

などのような言葉で相づちをして、男性の社会的是認欲求を上手に満足させているのだ。このようなことを言われ続けていると、男性はママから離れなくなる。

会社でミスをしたり、自己評価が低くなるたびに、社会的是認欲求を満たされる喜びを思いだし、バーに通いやすくなるのだ。

しかも、女性より男性の方が認められたい、という心理が強い。

バーのママはその会話術を利用し、男性の社会的是認欲求を満たさせているのだ。

好きな人に好意を持ってもらえる相槌の打ち方

まとめ

社会的是認欲求とは、自分を高く評価してほしい、という心理のことだ。女性より男性の方が社会的是認欲求が強い。

バーのママは社会的是認欲求を利用して男性を認めており、女性より男性の方が認められたい、という心理が強い。

女性の黒髪と金髪、男性はどちらを恋愛対象にするか

男性は分かりやすい!男性が胸の大きい女性を好きになる4つの理由

男性をメロメロにする香水、リビドーロゼ

植物

「好きな人にアピールするのが恥ずかしい!」と考えている方は、ベッド専用香水リビドーロゼを付けてみてください。


ベッド専用香水なのですが、男性の本能を揺さぶる香りなので、好きな人を引き付けることができます。


特に、注目してほしいのが、リビドーロゼは香水、という点です。


ネット上で「好きな人と両思いになる方法」と検索してみても、「積極的に話しかける」「追いかけられる女になる」「気があるのかな?と思わせる」といったことばかり。こんな難しいこと、できるなら、もうとっくにしていますよね。


上の方法は曖昧に書かれていて実行するのも難しいですが、香水なら付けるだけでOKなんです。


そのため、「追いかけられる女ってなに?」とか「気があるのを思わせるってどこまですればいいの?」という考えをしなくてもよくなるんですね。


リビドーロゼを、好きな人と会う前に内ももにワンプッシュし、いつも通りにするだけで終わりです。


リビドーロゼの詳細はこちら