DVをする人とされる人の心理

男性

最近、男性が女性の心理を傷つけたり、女性に暴力を犯したりするような事件が増えています。

このようなことをDV(ドメスティック・バイオレンス)と言いますが、恋人同士で起こるDVは社会的にとても深刻な問題です。

DVは英語でdomestic violenceと言います。

なぜ恋人同士の間では、DVが起きてしまうのでしょうか?

今回は、DVをする人とされる人の心理について説明します。

DVの種類

カップル

DVと聞くと、殴る・蹴るなどの身体的な暴力をイメージしますが、ほかにもDVと判断されるような行為はいくつかあります。

恋人が嫌がっているにも関わらず相手の体を無理やり触ったり、相手の性格や容姿を罵倒したりする心理的攻撃・脅しもDVです。

恋人のことを激しく罵倒したり、性格や容姿を否定するような言葉などで傷つける、恋人が大切にしている物を破壊したり、行動を制限・監視し続けるなどもそれにあたります。

ここ最近では、恋人同士の間でもデートDVといわれる被害が増えています。

デートDVとは、カップルの間で行われるDVのことです。

特に10代や20代などの、若いカップルに対して言われます。

身体的暴力

殴る、叩く、蹴る、噛む、物を投げてくる、刃物などで脅してくる、髪の毛を強く引っ張る、肩などを強く押す、など。

精神・心理的暴力

睨む、バカにする、無視をされる、大声で怒鳴る、酷い言葉を言う、嫌がらせをする、恋人の大切な物を破壊する、酷い名称で呼ばれる、優しく接したり暴力をしたりして混乱させる、不都合なことを責任転嫁をする、など。

ほかにも、「言うことを聞かなければ殴るぞ!」と恋人を言葉で脅す。

加害者が暴力を犯しても、

「痛くないのに嘘をつくな!」

「そんなこと自分がやるはずがない」

などと無責任な言葉を言う。

「おまえって太っているな」など体に対して悪口を言うのも心理的暴力になります。

社会的遠隔

行動を常に監視する、同性との関わりを制限する、勝手に携帯メールを見る、など。

嫉妬ゆえに束縛するというパターンもあります。

経済的暴力

お金をせがむ、デート代を恋人に払わせる、お金を借りたのに返さない。

性的暴力

恋人が嫌がっているのにキスなどをする、避妊をしない、強制的に性的行為をする、など。

DVの調査

男性

DVは男性が被害者になるパターンもありますが、女性が被害者になるほうが圧倒的に多いです。

2005年に内閣で行われた、「男女間における暴力に関する調査」によると、女性が恋人からDV被害を受けたことがある確率は13・5%。

そのうち、もっとも被害が多いのは20代で22・8%にものぼりました。

これらの調査からわかるのは、約4組はDVをされている女性がいるということです。

若い人ほど被害者は増えていて、未婚者間の暴力は年々増えているとみられています。

DVをする男性の心理

カップル

DVをする男性には似たような共通点があります。その共通点は、幼稚な独占欲が強いことです。

嫉妬をしやすい彼氏、というわけですね。

恋人や妻が自分以外の男性と話していたり、自分が知らないことを勝手にすることが許せない、という性格です。

少しの嫉妬ならかわいいものですが、嫉妬が多くなるとDVも受けやすくなります。

アメリカでもDV被害の調査が行われています。

その調査も独占欲が高くなると、暴力に向かう危険性も高くなるという結果になりました。

DVをする男性は、初対面の頃から怖いというイメージがありますが、実際はその反対です。

最初は相手に優しく接するのが、DVをする男性です。

働いていても時間が空いたときはこまめに連絡をくれて、女性からメールを送るとすぐに返信が返ってきます。

ここまで優しくされると、この男性がDVをするとは思いませんよね。

今まで優しくされていた分、途中から男性に束縛するような行動をされても、女性は、「自分が愛されているから、このような行動をするのだ」と思います。

束縛が続くと、男性の嫉妬はだんだん酷いものとなり、ついにはDVに及んでしまうのです。

自分の恋人が嫉妬深い性格なら、その嫉妬を愛おしく思うかどうか、見極めが必要です。

あまりにも嫉妬深いなら、別れることも大切になります。

嫉妬深い彼氏との上手な付き合い方・10個の対処法

女性がDV男に依存

カップル

DV男と付き合ったことがない人から見たら、「そんな人と付き合わなければいいんじゃないの?」と思うかもしれません。

ですが、DVを行う人には少しの優しさが表面上に出ており、被害者はそこに依存しています。

「彼はとても怒っているけど、しばらくすればいつもの姿にもどってくれる」という心理になっているのです。

誰かに相談する

DVの被害にあっている女性は「このままじゃいけない」と危機感を抱いていますが、彼氏に依存している状態なので、「これは仕方のないことなんだ」と諦めているパターンが非常に多いです。

本当な一人で悩むよりも誰かに相談した方がいいのですが、女性は「迷惑をかけたくない」「彼氏がああいう性格なのは寂しいからだ」という思いで、誰かに相談することすら難しい状況に陥っています。

誰でも一度は、こうやって自分を納得させたことがあるのではないでしょうか?

彼氏を傷つけさせたくないゆえに、あなたは無理やり納得させているかもしれません。

しかし、あなたが「どうしてこんなことをするの?」「やっぱり私が悪いんだ……」「でも、彼氏は好きっていってくれるのに」と真剣に悩んでいる今こそ、誰かに相談するべきなのです。

相談できる人は少ないように見えますが、実はあなたの想像以上に多くの人がいます。

友達、同僚、親、兄弟、親戚、もう少し範囲を広げるなら相談所、インターネット、Twitterの知り合いです。

この中の誰でもいいので、一度、誰かに相談してみてください。

相談すると客観的な意見を聞けることもできますが、それ以上に、誰かに話すことによって自分の気持ちが整理できます。

あなたが今までずっと悩み続けた「上手くいくのかな……」「このままじゃいけないのは分かってるのに……」という気持ちを、整理整頓できるのです。

相談は良いことずくめなので、気持ちが落ち着いたら、ぜひ誰かに相談するといいですね。

誰に相談するか

先ほど、誰でもいいので、一度、誰かに相談してみてくださいと言いましたが、関係によっては相談しにくい人もいますよね。

特に、上司は仕事関係の人で、なおかつ目上の人なので、一番相談しにくいと思います。

インターネット上の知り合いでも、会ったことある人なら相談しやしいですが、会ったことのない人には相談しにくいですよね。

そのため、ベタですが、相談するなら親、もしくは一番仲のいい友達に相談してみてください。

できれば親に相談するのがオススメですが、「親に相談するのはちょっと……」という方は、友達でも構いません。

注意してほしいのは、友達に相談する場合、信頼できて、話を真剣に聞いてくれる友達に相談してください。

悲しいことですが、女性というのは噂が好きなため、悪い友達に相談してしまった場合、あなたのプライバシーが回りに広がってしまう危険性があります。

反対に、親に相談してもこのリスクがないため、親に相談するというのは一番良いことなんです。

この他にも、相談所に相談するというのもオススメです。

相談所の人は、いろいろな被害に遭った人との会話が多いので、分かりやすく親切にあなたの現状を教えてくれます。

「身近な人には迷惑かけたくない」と思う方は、相談所に相談するといいですね。

法律の無料相談窓口の詳細はこちら

 

 

まとめ

DV(ドメスティック・バイオレンス)とは、恋人を悪く言ったり、酷い行いをすることです。

デートDVとは、恋人同士の間でのDVのこと。主に、若いカップルに向けて言われます。

DVと認められる行為は身体的な暴力だけではなく、性的なことへの脅しや、言葉や行動による心理的攻撃・脅迫も、DVとなります。

DVをしてしまう男性は、幼稚な独占欲が強いです。

彼氏が殴る4つの心理

法律の無料相談窓口の詳細はこちら

 

 

恋人が欲しい方へ

カップル

当サイトが現在お奨めする恋活アプリは「マッチ・ドットコム」です。


私も「ネットで知り合った相手なんか信用できない」と思いながらも半信半疑で登録したことがありますが、何人かの男性から「いいね!」を押され、その内の5人と実際に会いました。


正直ネット恋愛での恋愛は期待していませんでしたが、予想よりも普通の男性でホッとし、中には年収800万の男性もいました。


マッチ・ドットコムはネット恋愛の中でも特に有名で、彼氏が欲しい女性のみなさんは大体マッチ・ドットコムに登録しています。


世界25か国以上で展開されていて、アメリカではネットで結婚するカップルの3分の1が、このマッチドットコムの利用者です


もちろん、アメリカ人だけではなく、イタリア人男性、フランス人男性、韓国人男性とも出会えるでしょう。


今なら女性0円で登録できますが、いつ有料登録になるか分かりません。彼氏がほしい方は、是非、登録してみてください。


素敵な男性があなたの彼氏になれば、彼氏とのデートも楽しくなり、毎日が新鮮に感じます。朝起きた時にも、彼氏が隣で寝ていると幸せな気持ちになれますよね。


あなたがマッチ・ドットコムで素敵な男性と幸せになれることを、ささやかながらに願っています。


マッチ・ドットコムの詳細はこちら