離婚の可能性も!?マリッジブルーになる5つの原因

女性

男性からプロポーズをされて幸せを感じていたのに、結婚を間近に控えたら急に不安になる。

結婚と聞くと幸せばかりを連想するが、結婚が現実になると結婚した後のこと考えて不安を感じ、ストレスを抱えてしまうのだ。

なぜ、幸せな結婚なのにいきなり不安になるのだろうか。

今回は、マリッジブルーになる5つの心理を説明する。

●こんな人にオススメ!

・結婚するのが楽しみだったのに今は不安
・彼氏が運命の相手なのか自信がない
・結婚したら彼氏がどうなるか知りたい
・幸せな結婚を掴みたい

変化を恐れている

恋人のときは相手にそれほど気を遣う必要もなく、問題が起きても二人にしか影響しないが、結婚となるとそうはいかない。

男性の場合は、育児に頑張っている妻やこれから生まれてくる子どもに気を遣わなくてはならなくなる。

女性の場合だと育児に気を付けたり、近所の付き合いを改めなければいけなくなり、さらには姓を変えくてはならない。

このように結婚したら、今までの生活と大きく変化するため、不安を感じてしまうのだ。

本当にこの人と結婚してもいいのかと考えてしまう

結婚をすると、他人から家族という関係になるため、ほかの異性と付き合ったり、自由な恋愛ができなくなる。

女性の多くの人が育児をする側になるため、より質のいい男性を選ばなくてはならない。

多くのカップルが男性からプロポーズをするため、男性は覚悟が決まっているのだが、女性はどうしても考えてしまうのだ。

結婚式の準備に価値観が合わない

結婚式の準備をしているときに、お互いの意見が異なると、意見が合わずにケンカになってしまう。

価値観が違う恋人でも、結婚式の準備をするときは相手に合わせたほうがいい。

ほかにも、片方が式の準備を頑張っていても、片方が適当にしていると、

「なんで自分だけが頑張らないといけないんだ!」

とイライラしてしまう。

お互いの家庭関係が悪い

恋人同士が結婚に乗り気でも、両親が結婚に反対だと結婚をしずらくなる。

結婚した後のことを考えても、両親が否定的な態度をされると考えたら結婚が嫌になってしまうのだ。

結婚式の金銭問題

結婚をする、という幸せなことにもお金はかかるものだ。

結納や挙式、披露宴、新婚旅行なども含めると約200万から500万もかかる。

例えば、結婚式に300万かかるとして両親が200万を払ってくれても、自分たちが100万を用意しなければならない。

たった一日のために約100万を使わなければならない、と考えると、

「結婚はまだ後でいいや」

という結論を出してしまうのだ。

まとめ

・マリッジブルーになる人は変化を恐れている
・本当にこの人と結婚してもいいのか、と考えてしまう
・結婚式の準備に価値観が合わない
・お互いの家庭関係が悪い
・結婚式の金銭問題

マリッジブルーになる原因は、急激な変化を恐れていて、本当にこの人と結婚してもいいのか、と考えている。

結婚式の準備に価値観が合わない場合もあり、お互いの家庭関係が悪い。

結婚式の金銭感覚が問題のときもある。

 

次の記事は、

⇒『マリッジブルーを解消できる5つの方法

 

 

恋人が欲しい方へ

カップル

当サイトが現在お奨めする恋活アプリは「ペアーズ」です。


私も半信半疑で登録したことがありますが、何人かの男性から「いいね!」を押され、その内の4人と実際に会いました。


正直ネット恋愛での恋愛は期待していませんでしたが、予想よりも普通の男性でホッとし、中には年収700万の男性もいました。


ペアーズはネット恋愛の中でも特に有名で、彼氏が欲しい女性のみなさんは大体ペアーズに登録しています。


今なら女性0円で登録できますよ。彼氏がほしい方は、是非、登録してみてください。


ペアーズの詳細はこちら