視線で恋愛の気持ちを伝える

女性

ことわざに「目は口ほどにものを言う」という言葉があるが、目を合わせるという行為は人間関係を作る上でとても重要なことだ。

初めて会った人と会話をするときや誰かに声を掛けるときなど、人は必ず相手の目を見ている。相手と深いつながりを持ちたいと考えるときは、その傾向が強い。

重要なことを話しているとき、相手が目を合わせてくれずに違う場所ばかりを向いていたら、本当に内容を理解してくれているのかと不安になるだろう。

このように、相手と視線を合わせることをアイ・コンタクトと言う。これを使って視線で思いを伝えることも可能だ。

今回は、目を合わせることの大切さについて説明していく。

アイ・コンタクトの実験

アイ・コンタクトの実験によると、人間が普通に誰かと話をしているとき、お互いにアイ・コンタクトをしているのは約1回に1秒とかなり短い時間だ。

目を合わせずに片方だけが見つめるときでも、約1回3秒と短い。

なぜ、これほどまでに短時間なのかというと、これ以上長く見つづけるのは、「特別な意味を持つ視線」と解釈されることを無意識にわかっているからだ。

3秒以上のアイ・コンタクトは、大切なことを伝えたいときがあるとか、言葉の外に含むことがあるなどの裏の意味を持つと相手に何となく感じさせる効果がある。

つまりこれを使うとすると、会話の途中に1秒以上視線を合わせたり相手の目を3秒以上見つめると、何か特別な意味があると相手に気づかせることだ。

好きな人と視線を合わせる

片思いの相手と会話をする機会があったなら、できるだけ長めに視線を合わせるようにしてみよう。言葉では恥ずかしくて気持ちを伝えられなくても、視線で伝わることもある。

積極的とは言いにくい方法にみえるが、意外なほど強い印象が残るのだ。

視線がどこに向いているかで相手の心理がわかるため、以下の記事もチェックしておこう。

目線や目のしぐさで相手の心理を簡単に見破る

まとめ・視線で恋愛の気持ちを伝える

アイ・コンタクトとは、相手と視線を合わせることだ。アイ・コンタクトが3秒以上だと特別な意味を持つ視線、という意味に捉えられる。

アイ・コンタクトは以外に強い印象が残る。

瞳の綺麗な女性に魅力を感じる心理

目が綺麗に見えるカラコン

男性をメロメロにする香水、リビドーロゼ

植物

「好きな人にアピールするのが恥ずかしい!」と考えている方は、ベッド専用香水リビドーロゼを付けてみてください。


ベッド専用香水なのですが、男性の本能を揺さぶる香りなので、好きな人を引き付けることができます。


特に、注目してほしいのが、リビドーロゼは香水、という点です。


ネット上で「好きな人と両思いになる方法」と検索してみても、「積極的に話しかける」「追いかけられる女になる」「気があるのかな?と思わせる」といったことばかり。こんな難しいこと、できるなら、もうとっくにしていますよね。


上の方法は曖昧に書かれていて実行するのも難しいですが、香水なら付けるだけでOKなんです。


そのため、「追いかけられる女ってなに?」とか「気があるのを思わせるってどこまですればいいの?」という考えをしなくてもよくなるんですね。


リビドーロゼを、好きな人と会う前に内ももにワンプッシュし、いつも通りにするだけで終わりです。


リビドーロゼの詳細はこちら