好きな環境にいると、相手に好意を抱く

カップル

夏に海やプールに行ったり、冬にスキー場に出かけると人は恋をする確率が高くなる。

・「ひと夏の恋」

・「スキー場のロマンス」

などと言う言葉があるように、恋愛と雰囲気は非常に関係があるもの。

海に行くと解放されたような気分になるときや、スキー場のきれいな雰囲気に流されて恋をするのはしばしばある。

今まで興味のなかった相手でも、環境が変わると興味を持ちやすくなるのだ。

なぜ、そのようなときは恋をしやすい心理になるのだろうか。

今回は、環境による恋愛について説明していく。

環境と恋愛の関係

環境によって恋愛のしやすさは変化する、ということは心理学者の実験で明らかになっている。

女子学生に一番好みの音楽を流している部屋で、一人の男性の写真を見せて、その男性に対してどのような心理になったか質問した。

また別の女子学生には、嫌いな音楽の流れている部屋で同じ男性に対してどのような心理になったか質問した。

すると、嫌いな音楽が流れているほうよりも、好みの音楽が流れている部屋のほうが男性に対して好意的な評価だったのだ。

この実験からわかったのは、人は好きな空間や心地いい環境にいると他人への評価が高くなる、ということ。

心地よく上気分な心理が、そのまま他人に対する感情に影響を及ぼしているのだ。

他にも調査結果があり、心理学者のグリフィットは人が他人に好意を持つとき、環境が影響しているかどうかを調査した。

まずは、初めて合う男女たちを集め、自然の光がある明るい部屋と気分が良くなるように予め用意した薄暗い部屋にそれぞれ入らせる。

そして、被験者たちの様子をしばらく観察していたところ、薄暗い部屋にいる男女たちの心理的距離が早く縮まったのだ。

このような影響を心理学では、フィーリンググッド効果と言う。

フィーリンググッド効果で恋を成熟させる

もしあなたに好きな人がいて相手と恋を実らせたいなら、心地いいと感じる環境で告白すると成功率が格段に上がるだろう。

ほかにも、目に見えるものや音ばかりではない。

その場所の温度、湿度などの体感、天候や匂いなどの目に見えないものなどでも、他人の評価には影響する。

もっと詳しく説明すると気温23度、湿度30%が一番心地よく感じる環境になるらしいが、そこまでは意識しなくてもいいだろう。

つまり、恋をしやすい空間が、恋愛をする上で大切なのだ。

だが、その環境で実った恋愛がこれからも続くのかは、また別の話になる。

心地いい環境が日常に戻ったとき、その恋愛をお互いに育てていけるかが重要なのだ。

好きな人を落としたい!美味しい食事を食べて好意を持ってもらう

まとめ

・環境によっては、今まで興味のなかった相手でも見方が変化しやすくなる。

フィーリンググッド効果とは、好きな空間や心地いい環境にいると他人への評価が高くなる心理のこと。

・心地よく上気分な心理がそのまま、他人に対する感情に影響を及ぼしている。

・片想いを実らせたいなら、心地いいと感じる環境で告白すると成功率が格段に上がる。

好きな人を落としたい!美味しい食事を食べて好意を持ってもらう

好きになってくれた人を好きになる

男性をメロメロにする香水、リビドーロゼ

植物

「好きな人にアピールするのが恥ずかしい!」と考えている方は、ベッド専用香水リビドーロゼを付けてみてください。


ベッド専用香水なのですが、男性の本能を揺さぶる香りなので、好きな人を引き付けることができます。


特に、注目してほしいのが、リビドーロゼは香水、という点です。


ネット上で「好きな人と両思いになる方法」と検索してみても、「積極的に話しかける」「追いかけられる女になる」「気があるのかな?と思わせる」といったことばかり。こんな難しいこと、できるなら、もうとっくにしていますよね。


上の方法は曖昧に書かれていて実行するのも難しいですが、香水なら付けるだけでOKなんです。


そのため、「追いかけられる女ってなに?」とか「気があるのを思わせるってどこまですればいいの?」という考えをしなくてもよくなるんですね。


リビドーロゼを、好きな人と会う前に内ももにワンプッシュし、いつも通りにするだけで終わりです。


リビドーロゼの詳細はこちら