失敗したときは運か実力、どちらのせいにするか

女性

人が何かをして失敗をしてしまうのは、当然のことだ。

どれだけ失敗をしないように注意しても、失敗は必ずしてしまうもの。

だが、失敗をしたときそれを運のせいにするか、あるいは自分の実力が悪かったと考えるのかは人それぞれ。

今回は、人が失敗したとき運か実力、どちらのせいにするかを説明していく。

運か実力か

だいたいの人は自分が成功したときは実力、失敗してしまったときは運と考える心理がある。

それは自分で自分を貶したくないからだ。

自分の成功を実力だと考えれば、自分をすごい人だと思える。

反対に、失敗を実力にしてしまうと自分が傷つくため、運のせいにするのだ。

だが、自分が失敗したのではなく、友人の失敗が起きたとしたらあなたはどのような心理になるのだろうか。

「今日、出掛けた瞬間、雨が降ってきちゃったよ」

このような愚痴を友人に言われたとき、あなたは、

A「あ〜、それは運が悪かったね」

B「傘を持っていなかったなんて、完全に注意不足だね」

どちらのセリフを言うのだろうか。

Aを選んだ人は心理学で言う外的統制型のタイプ。

Bを選んだ人は内的統制型のタイプだ。

外的統制型――運

外的統制型とは、ミスをしたとき自分以外のことに原因があると考える心理の人だ。

例えば、会社の仕事で何らかのミスをしたとき、

「〇〇のせいで仕事が上手く進まなかった」

「上司の指示がいまいち分かりにくかった」

など、人に責任転嫁をしてしまう性格の人だ。

何かが起きたとき運、不運で判断する人は、このタイプだといえるだろう。

この心理の人はクヨクヨとしたり、反省、後悔をすることがあまりないため、ストレスを抱えることが少なく、すぐに気持ちの整理をすることができる。

だが、反省をすることが少ないので似たようなミスを何度もしたり、ときには責任感がない人のように思われたりすることがある。

また、周りの人と自分を比較してみたり、周囲の影響を受けやすいのだ。

内的統制型――実力

内的統制型の心理は外的統制型とは反対に、何かが起きたときの結果は自分自身の実力によって左右していると考えている。

すべての事は自分自身の能力や努力が引き起こした結果と考えているため、周囲の影響を受けにくく、原因や理由を自分一人で解決しようとする。

そのため同じミスは比較的少ないのだが、反対に失敗してへこんだり、ストレスを抱えやすいときがある。

まとめ

・人は自分が成功したときは実力、失敗したときは運と考える心理がある。

外的統制型は物事の原因は自分以外にあると考えている。

内的統制型は、物事の結果は自分の行いで左右していると考えている。

恋人が欲しい方へ

カップル

当サイトが現在お奨めする恋活アプリは「マッチ・ドットコム」です。


私も「ネットで知り合った相手なんか信用できない」と思いながらも半信半疑で登録したことがありますが、何人かの男性から「いいね!」を押され、その内の5人と実際に会いました。


正直ネット恋愛での恋愛は期待していませんでしたが、予想よりも普通の男性でホッとし、中には年収800万の男性もいました。


マッチ・ドットコムはネット恋愛の中でも特に有名で、彼氏が欲しい女性のみなさんは大体マッチ・ドットコムに登録しています。


世界25か国以上で展開されていて、アメリカではネットで結婚するカップルの3分の1が、このマッチドットコムの利用者です


もちろん、アメリカ人だけではなく、イタリア人男性、フランス人男性、韓国人男性とも出会えるでしょう。


今なら女性0円で登録できますが、いつ有料登録になるか分かりません。彼氏がほしい方は、是非、登録してみてください。


素敵な男性があなたの彼氏になれば、彼氏とのデートも楽しくなり、毎日が新鮮に感じます。朝起きた時にも、彼氏が隣で寝ていると幸せな気持ちになれますよね。


あなたがマッチ・ドットコムで素敵な男性と幸せになれることを、ささやかながらに願っています。


マッチ・ドットコムの詳細はこちら