失恋したとき、失恋曲を聴きたくなる理由

couple

前回、悲しい……失恋した後は恋をしやすいで説明したが、恋人に振られて失恋をしたとき、失恋を題材にした音楽を聴きたいときはないだろうか。

悲しい音楽をスマホやウォークマンで聞き、歌詞を自分に重ねて悲しい気持ちになった人はいるだろう。

そのようなとき、なぜ似たような心理の音楽を聴きたくなるのだろうか。

今回は、失恋をしたときに失恋ソングが聴きたくなる理由を説明していく。

音楽の歌詞に共感する

失恋は苦しい体験なのに似たような苦しみを音楽で聴かされて、何が楽しいのかと思うが、これは心を癒すのにとても効果がある行為だ。

これは心理学で同質の原理と言い、音楽の歌詞に同意し、失恋の苦しみを共感することで気持ちを楽にすることができる。

確かに失恋をしたときなどは、普通に友達から励ましの言葉をもらえるよりも、

「〇〇の気持ちはすごくわかるよ。失恋は辛いよね」

と気持ちを共感してくれる友達のほうが、元気になるものだ。この同質の原理は、音楽療法にも利用されている。

音楽療法の利用方法

考え

音楽療法(Music therapy)とは、音楽を利用して心理療法をすることだ。

音楽療法には音楽療法士という専門の職業があり、経験を重ねて資格を取れた者だけが音楽療法士になれる。音楽療法には利用方法が二つある。

一つ目の方法は、歌を歌ったり楽器を演奏したり、なかには歌詞を自ら作ったりなど、聴き手自信がすることで自分自身を解放したり現したりするもの。

二つ目の方法は、そのときの状況によるが、音楽を聴くことで聴き手の心理状態に響かせることだ。

このようなとき聴かせる音楽の種類は、聴き手の心理状態とまったく逆の音楽を聴かせる場合もあるが、冒頭の例のように、そのときの心理状態に同意するものを聴かせることもある。

気分が良いときにテンポが早い音楽を聴かせたり、気持ちが落ち込んでいるときにテンポが遅い音楽を聴かせると、かえって気分がスッキリとし、落ち着くときがあるのだ。

音楽療法に利用できるものは、走行障害、神経症、心身症、躁うつ病、アルコール依存症、パーキンソン病などにも使われている。

まとめ

同質の原理とは、本人の心理や状態に合わせて、心理的に良い方に行かせる音楽療法のこと。

・音楽療法とは、音楽を聴かせたり楽器を演奏させたりすることで、患者の心理状態を楽にさせること。

・音楽療法は病気の走行障害、神経症、心身症、躁うつ病、アルコール依存症、パーキンソン病などにも利用されている。


7つのステップでもう一度好きにさせる方法

 

 

元カレを他の女に奪われないか心配な方へ

couple

もし浮気相手や失恋した元カレとヨリを戻したいと考えているなら、「復縁女性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法」を参考にしてください。


これは、復縁を成功させたい方のために作られたマニュアルで、既にたくさんの女性がこれを元に復縁を成功させています。


例えば、ホームページにも紹介されている27歳の女性。


彼女は結婚を前提に付き合っていた彼氏がいたとのことですが、遠距離恋愛が原因で別れてしまいました。その別れに自分を責め続ける彼女・・・


ついには、「カレと私の幸せは同じなのかな。。。」とネガティブになっていきます。


遠距離恋愛なので、うまく復縁しようにも空回りで終わるばかり。


ですが、彼女は約一ヶ月で復縁を成功させ、さらにカレと結婚だけでなく子供の話をするような関係にまで進んでいたのです!


彼氏が別の女性と付き合っていたにも関わらず、たったの31日でもう結婚の話をしているのですから、これってすごいことですよね。


こんな奇跡みたいな復縁方法を載せているのが、「7つのステップでもう一度好きにさせる方法」なのです。


あなたと元カレが復縁できれば、また以前の幸せを取り戻せます。


couple

・休日にカレと二人きりのデート


couple

・クリスマスの大通りを彼と歩いた時間


couple

・二人で結婚の話をして笑いあった時間


こんな幸せな時間がすごせたのは、あなたがカレを大切に想っていたからです。


復縁を成功させれば、今まで離れていた分、彼もあなたの傍にずっといてくれることでしょう。そのため、復縁成功を絶対させたい女性は、ぜひ「7つのステップでもう一度好きにさせる方法」を参考にしてください。


復縁女性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法の詳細はこちら