言葉以外のもので相手に感情を伝える

相手に感情が伝わるときは、なにも言葉だけではない。むしろ、体の動きや目付きだけで相手に気持ちを伝えられときもある。

言葉で表すには難しい感情をしぐさで表した経験は、誰でもあるだろう。

例えば、何かに勝ったとき仲間に笑顔でVサインをしたり、怒ったときに無表情で机を手で叩いたりなどの態度も、感情を伝える動作になる。

このように、言葉ではない方法で相手に伝える方法をノンバーバル・コミュニケーション(非言語コミュニケーション)というのだ。

今回は、ノンバーバル・コミュニケーションについて説明していく。

ノンバーバル・コミュニケーションの調査

ノンバーバル・コミュニケーション分野のバイオニアであるレイ・L・バードウィステルの調査によると、1対1のコミュニケーションで言葉によって伝えられるメッセージは35%にすぎず、残りの65%は言葉以外――身振りやしぐさ、声色、表情などから伝わっているという。

そしてこれが、グループでの会話になると、言葉によって伝わる情報量はわずか7%になってしまう。

それだけ、人は言葉以外のことから他人の心理を判別しているということだ。

周囲の人と会話をするときは言葉だけではなく、しぐさなどにも気を付けないと、

「口ばかりの人」

というレッテルを貼られてしまい、信頼度が下がってしまうので注意をしたほうがいい。

いろいろなしぐさ

もしあなたが、片想い中で相手に少しだけ好意を伝えたいなら、会話をしているときに3秒以上相手の目を見る、会話の途中で相づちを打つ、笑顔で相手と接するなどのようなことをするといい。

反対に、目を見なかったり、棒読みで会話をする、無表情で接することなどは、

「よく思われていない」

「相手に嫌われている」

と相手に自分の気持ちを伝えることにもなる。

まとめ

ノンバーバル・コミュニケーション(非言語コミュニケーション)とは、言葉ではない方法で相手に伝えること。

・相手に感情が伝わるときは、言葉だけではなく、体の動きや目付きだけで本心が伝わる。

・周囲の人と会話をするときは言葉だけではなく、しぐさなどにも気を付けるといい。

恋人が欲しい方へ

カップル

当サイトが現在お奨めする恋活アプリは「ペアーズ」です。


私も半信半疑で登録したことがありますが、何人かの男性から「いいね!」を押され、その内の4人と実際に会いました。


正直ネット恋愛での恋愛は期待していませんでしたが、予想よりも普通の男性でホッとし、中には年収700万の男性もいました。


ペアーズはネット恋愛の中でも特に有名で、彼氏が欲しい女性のみなさんは大体ペアーズに登録しています。


今なら女性0円で登録できますよ。彼氏がほしい方は、是非、登録してみてください。


ペアーズの詳細はこちら