言葉遣いを使い分ける

相手に合った言葉を臨機応変に使い分けるというのは、なかなか難しい。

会社でコーヒー片手に同僚と会話をしていたとき、上司が来たらついついタメ口で話しかけることがあると思う。

そのような、ちょっとした言葉の行き違いで、思わぬ誤解を受けたり、相手との距離が広がってしまったりする。

人間関係を上手にこなしているかこなせていないかは、言葉遣いが関係しているといっても過言ではない。

言葉遣いについて確認するとき、気を付けなければいけないことは相手との心理的距離、近接度だ。

近接度とは

例えば、会社の上司や目上の人との近接度と、家族や仲の良い友人への近接度はかなり違う。

それをわきまえず、敬うべき相手や距離を置いて話すべき相手に馴れ馴れしい言葉で話しかけてしまうと、

「礼儀を知らない人」

というレッテルを貼られてしまう。

また反対に、親しみを持って接してきた相手に、いきなり距離を置いた話し方をすれば、

「何かやったのだろうか」

と不安を与えてしまう。

会話の近接度を正しくすると、社会生活を行ううえで、貴重な武器になるのだ。

例えば、

「ここを掃除してください」

を、近接度を高めた言い方に変えてみると、

「ここの掃除をしようよ」

になる。

さまざまな言葉遣い

もっと細かい言葉遣いを知りたかったら、下の言葉を参照にしてほしい。

掃除をしてほしい場合

1.命令型

ここを掃除しろ!

2.目的型

ここ、掃除!

3.不履行避難型

ここの掃除をしていないのか!

4.直接依頼型

ここを掃除してください

5.意向打診型

ここを掃除してもらえるかな?

6.願望型

ここを掃除してほしいのだけど

7.提案型

ここの掃除、できるかな?

8.話し手行動型

ここの掃除をしようよ

9.話し手事情型

ここの掃除、僕はやる時間がないんだ

10.受け手事情型

ここの掃除、どうするつもり?

このように、相手によって言葉を正しく使い分けるのが大切だ。

言葉を上手に使い分けられたら、周囲の人と平穏なコミュニケーションが取れる。

まとめ

・人間関係が上手にこなすためには、言葉遣いを正しくする。

・会話の近接度を正しくすると、社会生活を行うとき、貴重な武器になる。

恋人が欲しい方へ

カップル

当サイトが現在お奨めする恋活アプリは「マッチ・ドットコム」です。


私も「ネットで知り合った相手なんか信用できない」と思いながらも半信半疑で登録したことがありますが、何人かの男性から「いいね!」を押され、その内の5人と実際に会いました。


正直ネット恋愛での恋愛は期待していませんでしたが、予想よりも普通の男性でホッとし、中には年収800万の男性もいました。


マッチ・ドットコムはネット恋愛の中でも特に有名で、彼氏が欲しい女性のみなさんは大体マッチ・ドットコムに登録しています。


世界25か国以上で展開されていて、アメリカではネットで結婚するカップルの3分の1が、このマッチドットコムの利用者です


もちろん、アメリカ人だけではなく、イタリア人男性、フランス人男性、韓国人男性とも出会えるでしょう。


今なら女性0円で登録できますが、いつ有料登録になるか分かりません。彼氏がほしい方は、是非、登録してみてください。


素敵な男性があなたの彼氏になれば、彼氏とのデートも楽しくなり、毎日が新鮮に感じます。朝起きた時にも、彼氏が隣で寝ていると幸せな気持ちになれますよね。


あなたがマッチ・ドットコムで素敵な男性と幸せになれることを、ささやかながらに願っています。


マッチ・ドットコムの詳細はこちら