子どもがきょうだいに対してコンプレックスを感じる

カップル

前回、子どもが同性の親に対してコンプレックスを感じるでも説明したが、子どもがコンプレックスを感じる対象は、親だけではない。

親よりも、もっと身近に存在するきょうだいのほうが強いコンプレックスを感じやすい。

そのきょうだいに対するコンプレックスが、憎しみや恨みに変化することも少なくないのだ。

なぜ、子どもは親よりもきょうだいのほうがコンプレックスを感じやすいのだろうか。

今回は、きょうだいに対するコンプレックスについて説明していく。

きょうだいに対するコンプレックス・同性の場合

きょうだいに対するコンプレックスのことを、心理学ではカイン・コンプレックスと言う。

旧約聖書には、アダムとイブの息子、カインとアベルについての興味深い話がある。

農夫だったカインと羊飼いのアベルは、お互いに違う物をそれぞれ神に贈った。

その結果、神はカインの贈り物には良い反応はしなかったが、アベルの贈り物には喜びを示した。

このことに嫉妬心を感じたカインは、憎しみのあまりアベルを殺害してしまう。

そのことが神に知られてしまい、カインはエデンの東に追放されてしまった。

カイン・コンプレックスはこの話から名付けられたものだ。

きょうだいに対するコンプレックス・異性の場合

異性のきょうだいにはオナリ・コンプレックスというものがある、と精神医学者の小田普氏は説明している。

オナリの意味は沖縄で女性のきょうだいという意味で、異性のきょうだいでは、タブーとされ、抑えている性愛の心理があることを意味している。

きょうだいがいる子どもは、両親の愛情や感心をなるべく自分にだけ向けておきたい、という心理を抱えている。

その心理があるため、ほかのきょうだいが両親に愛されていると、きょうだいに敵対心や競争心、嫌悪感が出てくる。

多くの場合、親がその心理に気づいて構ってあげたり、家族全員で思いやったりするなどをして、その敵対心はだんだんとしぼんでいく。

だが、少し道を踏み外してしまうと、一生続く憎しみや苦しさに変化してしまう可能性もあるのだ。

まとめ

・親よりも、きょうだいのほうが強いコンプレックスを感じやすい。

カイン・コンプレックスとは、きょうだいに対するコンプレックスのこと。

・精神医学者の小田普氏の説明では、オナリ・コンプレックスとは、異性のきょうだいに愛情を感じる心理。

恋人が欲しい方へ

カップル

当サイトが現在お奨めする恋活アプリは「マッチ・ドットコム」です。


私も「ネットで知り合った相手なんか信用できない」と思いながらも半信半疑で登録したことがありますが、何人かの男性から「いいね!」を押され、その内の5人と実際に会いました。


正直ネット恋愛での恋愛は期待していませんでしたが、予想よりも普通の男性でホッとし、中には年収800万の男性もいました。


マッチ・ドットコムはネット恋愛の中でも特に有名で、彼氏が欲しい女性のみなさんは大体マッチ・ドットコムに登録しています。


世界25か国以上で展開されていて、アメリカではネットで結婚するカップルの3分の1が、このマッチドットコムの利用者です


もちろん、アメリカ人だけではなく、イタリア人男性、フランス人男性、韓国人男性とも出会えるでしょう。


今なら女性0円で登録できますが、いつ有料登録になるか分かりません。彼氏がほしい方は、是非、登録してみてください。


素敵な男性があなたの彼氏になれば、彼氏とのデートも楽しくなり、毎日が新鮮に感じます。朝起きた時にも、彼氏が隣で寝ていると幸せな気持ちになれますよね。


あなたがマッチ・ドットコムで素敵な男性と幸せになれることを、ささやかながらに願っています。


マッチ・ドットコムの詳細はこちら