嫉妬心を相手にぶつける

カップル

嫉妬、という言葉を聞くとまるでドロドロとしていて、響きがよくない言葉のように聞こえるが、実は恋愛に嫉妬心は必要なのだ。

人は恋人ができると、必ず独占欲や排他性といった感情が付いて回り、それが増幅すると嫉妬を感じる。

つまり、嫉妬はそれほど醜い感情ではなく、相手に愛情を感じると嫉妬がセットで付いてくるようになるのだ。

今回は、カップルたちの嫉妬について説明していく。

心理学者の調査

ある心理学者が、カップルの男女たちに嫉妬心に関する調査を開始した。

その七年後、同じカップルの追跡調査をしたところ、七年前に嫉妬心が強力だったカップルのほうが、結婚に至った確率が高いという結果が出た。

この結果を見ると、やはり嫉妬は愛のために必要な感情とも言えることだろう。

だが、いつもいつも嫉妬に振り回されているのは、息苦しいものだ。

もし、相手に浮気をしていそうな雰囲気などがあり、嫉妬を感じたら、どのように対応するのがベストなのだろうか。

嫉妬をストレートに表す

一番効果があり、相手に対して響く対応は、怒りと悲しみで嫉妬をストレートに表すことだ。

人によっては、嫉妬を感じてもその感情を抑えて、

「時間が立てば自分のところに戻ってくるはず。泣いたりしたらみっともない」

と我慢する人もいるが、その方法だと反対に相手がつけ上がってしまい、逆効果になる可能性もある。

我慢をして悲しい思いをするよりも、

「浮気されてすごくショックだ、相手をとても愛しているのに傷ついた、悲しい」

という気持ちを、まっすぐに表現したほうがいいだろう。

怒りだけだと、相手の行動を抑えることができるが、その感情だけでは恐怖心をあおるだけにしかならない。

だが、悲しい気持ちをぶつけると、

「こんなに自分を愛してくれる人に、ひどいことをしてしまった」

と反省をさせることができ、自ら行動を咎めることができるようになるのだ。

まとめ

嫉妬とは、価値がある対象を失うことを恐れ、ネガティブに考えてしまうことだ。相手に愛情を感じると、自然に嫉妬も付いてくる。

浮気をされたときは、我慢するよりも怒りと悲しみで嫉妬をストレートに表す方がいい。

仲直りしたい!恋人とケンカをしたときの対処法

淡白すぎる彼氏を積極的にさせる7つの対処法

彼氏が冷たい!淡白な男性に愛されたいなら香水がオススメ

恋人が欲しい方へ

カップル

当サイトが現在お奨めする恋活アプリは「ペアーズ」です。


私も半信半疑で登録したことがありますが、何人かの男性から「いいね!」を押され、その内の4人と実際に会いました。


正直ネット恋愛での恋愛は期待していませんでしたが、予想よりも普通の男性でホッとし、中には年収700万の男性もいました。


ペアーズはネット恋愛の中でも特に有名で、彼氏が欲しい女性のみなさんは大体ペアーズに登録しています。


twitterで「ペアーズ」と検索すると、「彼氏できた!」という呟きが見られますよ。


今なら女性0円で登録できますが、いつ有料登録になるか分かりません。彼氏がほしい方は、是非、登録してみてください。


あなたがペアーズで素敵な男性と幸せになれることを、ささやかながらに願っています。


ペアーズの詳細はこちら