恋人と別れたくない!恋人なのにケンカが多い理由

カップル

好きな人と付き合って気分が嬉しいはずなのに、どうも恋人とうまくいかない。

相手の気持ちがちゃんと自分にあるか不安になったり、心理的に距離を感じたり、ケンカや誤解が日常茶飯事だったり。

「仲が良すぎてケンカする」

という言葉は、よくテレビにあるラブコメディのようだが、現実のカップルでケンカばかりが起こるのは、心理的に辛い。

確かに好きだからケンカをするという場合もあるが、なかにはそのような場合ではないときもある。

今回は、恋人なのにケンカが多い理由を説明していく。

母親と子どものコミュニケーション

人の深層には、根深い愛着行動の違いが生じている場合が少なくない。

愛着行動とは、もともとは乳児と母親との間でかわされる親密なコミュニケーションのことだ。

これには、安定型、回避型、不安型の三つのパターンがある。

母親との関係が良好で愛情を与えられ、自分の欲求にも応えてもらえた子どもは、自分の望みを素直に表現し、精神的にも安定していて人を愛することを覚えられる。

しかし、母親との関係が良くない子どもは、母親に対する執着が育たないなどの問題が表れてしまうのだ。

これらのタイプを恋愛関係にあてはめると、それぞれ次のようなパターンとなる。

安定型

名前の通り、安定型は恋人とケンカをすることが少なく、お互いを信頼できる関係になる。

他人を信じることができて、自然に人と親しくなったり、好意を素直に表すことができる。

素直な人は、母親の愛情をたくさん貰えていたということだ。

回避型

人との信頼関係を築くのが苦手で、他人と親密になれない。

誰とでも距離を置いてつき合う。

不安型

相手が自分を求めていないのではないか、という不安から、攻撃したり遠ざかったりする。

回避型や不安型の愛着行動をとる人は、いくら相手と相思相愛でも、なかなか幸せな交際をすることができない。

不安や疑心暗鬼から相手を責めたり、口論が絶えなくなってしまいがちなのだ。

まとめ

愛着行動とは、母親と乳児との間でかわされる親密なコミュニケーションのこと。

・恋愛の愛着行動は、安定型回避型不安型の三つのパターンがある。

淡白すぎる彼氏を積極的にさせる7つの対処法

彼氏が冷たい!淡白な男性に愛されたいなら香水がオススメ

恋人が欲しい方へ

カップル

当サイトが現在お奨めする恋活アプリは「ペアーズ」です。


私も半信半疑で登録したことがありますが、何人かの男性から「いいね!」を押され、その内の4人と実際に会いました。


正直ネット恋愛での恋愛は期待していませんでしたが、予想よりも普通の男性でホッとし、中には年収700万の男性もいました。


ペアーズはネット恋愛の中でも特に有名で、彼氏が欲しい女性のみなさんは大体ペアーズに登録しています。


今なら女性0円で登録できますよ。彼氏がほしい方は、是非、登録してみてください。


ペアーズの詳細はこちら