淡白すぎる彼氏を積極的にさせる7つの対処法

カップル

好きな男性と恋人になれても、男性が淡白だと、まったく相手にしてもらえなくて寂しくなりますよね。

女性は愛の言葉や愛情が込められたプレゼントを好むため、寂しくなるのは別におかしいことではありません。

しかし、男性はもともと一人でいるのが好きなので、女性の「一緒にいたい!」というニーズに答えられず、その結果、ケンカが起こることがあります。

どうすれば、淡白な男性が積極的になるのでしょうか?

今回は、淡白すぎる彼氏を積極的にさせる7つの対処法を説明します。

女性も淡白に接する

動物、猫

淡白な男性と付き合っていると、彼氏の反応が冷たくて悲しくなります。

まったく手を繋いでくれなかったり、会話の返答が「そうだね」とか「うん」などのように短いと、どんな女性でも、「私は愛されているのかな?」と疑問に思ってしまうことでしょう。

しかし、彼氏が構ってくれないからといって、女性が積極的になるのはあまりいい対処法だとはいえません。

なぜかというと、女性が積極的にいくと淡白な男性が鬱陶しいと感じて、イライラしてしまうからです。

そのため、男性が淡白なら自分も同じように接するか、あるいは淡白になったフリをして、さりげなく彼氏にアピールするといいですね。

アピールとは、例えば、料理を上手になる、淡白な男性が好きそうな女性になる、オシャレに力を入れる、などのようなことです。

淡白な男性を具体的に誉める

男性

淡白な男性には淡白に接するのがオススメですが、何もすべてを淡白にする必要はありません。

どれだけ男性が淡白だろうと、やはり人から誉められたらそれなりに嬉しくなります。それが愛する彼女から言われたものだったら、さらに嬉しくなるはずです。

そのため、淡白な男性の心を惹き付けておくためにも、ちょっとしたときに男性を誉めるといいですね。

誉めるといっても、「すごいね」「上手だね」というように短いものではなく、具体的な誉め言葉や、男性の行いや性格を誉めるのが良いです。

例えば、一緒にドライブした後の帰り道のときに、「〇〇は運転が上手だね!これからの運転は〇〇に任せようかな」などのようなものです。

褒めた後に「手をつないで?」「キスをして?」とお願いすれば、男性も気分が良くなってるので、案外手をつないでくれたり、キスをしてくれたりします。

男性の淡白さを理解する

食事

淡白な男性は、愛情表現をストレートに伝えるのが苦手です。

それが恥ずかしいからなのか、愛に言葉は必要ないと思っているからなのか、それとももともとの性格が関係しているのかは分かりませんが、とにかく淡白な男性は気軽に自分の気持ちを伝えられないのです。

あなたは簡単に「手をつないでもいい?」「愛しているよ」と言えるかもしれませんが、淡白な男性にとっては勇気を振り絞らないとできないことのため、まずはそれを理解してあげてください。

淡白な男性は愛情表現が苦手なので、彼氏に「ああしてほしい」「こうしてほしい」と言い続けると、男性は鬱陶しくも感じ、同時に悲しくもなってしまいます。

「自分はきちんと彼女が好きなのに、苦手なことを強要されて、それをしなければ彼女が不機嫌になる」というように淡白な男性は感じてしまうのです。

お互いがちゃんと愛しあっているのに、価値観の違いだけで衝突が起きてしまったら二人の関係にもひびが入りかねません。

「彼氏は愛情表現を伝えるのが苦手なんだ」というように女性が解釈すれば、淡白な男性も気負わずにすむはずです。

女性は愛情表現をしてもらいたいと願うかもしれませんが、淡白な男性を好きならば男性の性格も理解するといいですね。

駆け引きは絶対にしない

食事

淡白な男性に振り向いてもらおうと、一か八かの駆け引きにでる女性がいます。

例えば、淡白な男性の不安を煽ろうと、「この前、〇〇から告白されたんだよ」などと男性を不安にさせ、振り向かせようとする行いのことです。

確かに、彼氏が恋愛経験豊富な男性なら、「彼女は不安なんだな」と気づき、今よりもやさしくしてくれるかもしれません。

しかし、淡白な男性は恋愛経験が少ないことが多いです。

そのため、あなたの言葉を真に受けて深刻に考えてしまい、精神的に傷ついてしまいます。

淡白な彼氏は愛情表現と同じように他の感情を表すことが苦手なので、「そうなんだ」などと、いつもどおりの答えが返ってくるかもしれませんが、心の奥底ではかなり傷ついているのです。

それが一度だけなら別れるという事態には及びませんが、またあなたが不安になり彼氏を不安にさせると、また彼氏は不安になり、お互いが不安でつながってしまうという悪循環が発生してしまいます。

その悪循環にはまると、淡白な彼氏はあなたと付き合うことに疲れてしまい、結果、別れるということになるかもしれないのです。

誰だって精神的に疲れる相手と一緒にいるよりは、和ませてくれる相手と恋人になりたいと思うはず。

淡白な彼氏も愛情表現が苦手なだけで、内心では安心できる女性と過ごしたいと思っています。

駆け引きというのは、その安心というものを壊してしまうかもしれない行為なのです。

お互い健全な付き合いを望んでいるなら、駆け引きは止めておきましょう。

メールの文章は短くする

道具

淡白な男性は恋愛経験が少ないため、あなたが積極的にアプローチをしても振り向いてもらえない可能性が高いです。

彼氏にいろいろしても、鈍いので、あなたが期待するような行動は起こしてくれないでしょう。

しかし、「淡白な男性は鈍い」ということに気づかずにガンガン攻めていくと、男性から鬱陶しいと思われてしまうかも。

たまに「もっと彼氏と仲良くなりたい」という気持ちから、メールやLINEを長い文章にする女性もいますが、あれも最適とはいえません。

これは淡白な男性に限った話ではないのですが、男性はひとつのことに集中するのは得意ですが、複数のことを同時にやるのは苦手な生き物です。

女性は「テレビを見ながら料理をして、電話がかかってきたらそのまま出て会話をする」ということを難なくやってのけますが、男性は一つのことしかできないため、「電話がかかってきたらテレビを消して、料理もひとまず止める」ということをしなければ作業ができないのです。

そのため、メールに友達のことや愚痴やあなたに対する気持ちを一変に伝えてしまうと、男性はそれにウンザリしてしまいます。

それに、淡白な男性はもともと愛情表現が苦手なので、あなたの「構って欲しい」という気持ちに気づけず、「なんでこんな長いメールを送ってくるんだ!そういうのは帰ってからにしてくれ!」とイライラしてしまうのです。

メールやLINE、返信をするときは長い文章にしたくなるかもしれませんが、淡白な男性との関係を深めたいなら、文章を短くする方がお勧めです。

おとなしくて清楚な女性になる

カップル

先ほども説明したとおり、淡白な彼氏に積極的にアピールしても、あまり気づいてくれません。

露出の多い服装を着たり、普通の男性には通用するようなアピールをしても結果は同じです。

男性は狩りをしていたころの名残で本能的に逃げていくものに興味をそそりますが、追い掛けてくるものには興味がわかないのです。

そのため、淡白な彼氏を追い続けていると、「彼女は手に入れた」と安心させてしまいます。

もちろん、彼氏を安心させるとお互いの絆も深くなりますが、同時に淡白な彼氏から迫られないという現象が起きてしまうのです。

ですが、むやみに彼氏をあおって不安にさせると、今度は彼氏との関係にひびが入ってしまいます。

彼氏に「安心できる女性」と思わせつつ、たまには彼氏から積極的に迫られたいなら、あなたが大人しい女性になるのがオススメです。

おとなしくて清楚な女性になれば、彼氏にも不安を与えずに住み、なおかつ彼氏をずっと追い続けるスタンスではなくなるため、お互いにちょうどいい関係になれます。

ポイントは男性が追い掛けたくなるような大人しくて清楚な女性になる、ということです。

いきなり大和撫子になると彼氏が「何かあったのかな?」と困惑するかもしれないので、まずは少しずつ大人しくなるといいですね。

香水を利用する

物、香水

淡白な男性をその気にさせるには大人しい女性になればいいのですが、実はもっと簡単な方法があります。

それは、香水を付けることです。

女性のための専門ブランドLCラブコスメのアンケートでは男性に、「香りをかいでしたくなったことはありますか?」という質問に対して、男性の92%が「Yes」と回答しました。

このアンケートからも分かるように、男性の性的スイッチと女性の香りには、とても深い関わりがあると推測できます。

確かに、どれだけイケメンで乙女心を把握している男性がいても、その男性から悪臭がしたら、その男性に魅力を感じなくなりますよね。

男性もそれと一緒で、どれだけ女性が美女で胸が大きくて腰がくびれていても、悪臭がしたらその女性に魅力を感じなくなります。

しかし、裏を返せば、香水で男性の態度を変えることができるということです。

淡白な男性も人ですので、あなたが適切な香水を付ければ、彼氏も恋に積極的になれます。

そのため、男性の性的スイッチをオンにする香水をつければ、これまで以上に淡白な男性を激しくさせることも可能でしょう。

しかし、ただ単純に適当な香水を付ければいいというわけではありません。

香水といっても種類によって、含まれている香料や成分で効果も匂いも長さも変わってきます。

淡白な彼氏を積極的にさせたいなら、「積極的になれる」「男性を刺激する」「できるだけ長時間香りを保つ」という香水が必要になります。

香水の成分はいろいろありますが、その中でも『イランイラン花油』『オスモフェリン』はカップルに欠かせない成分です。

「イランイラン花油」は男性が香りを嗅いだとき一番女性らしさを感じる香りで、濃厚でセクシーな香りがします。

インドネシアでは新婚初夜のベッドにイランイランの花びらを散らす習慣があるので、これを利用するといいですね。

恋愛には関係ありませんが、イランイラン花油には、ストレスを改善したり、幸せな気分になれる効果もありますよ。

イランイラン花油の特徴
・香りは立ち上がりが早く、長時間持続する
・香りが強いので少量で使うのがオススメ
・エキゾチックな甘い香りがする
・女性ホルモンの調整や生殖系の不調改善にも役立つ
・大昔から惚れ薬として調合されていたという説もあるetc……

「オスモフェリン」はホルモンに作用する成分で、少しの量でも女性を求める効果があります。

女性の排卵期に作り出される物質でもあり、男性がオスモフェリンを嗅ぐと唾液中テストステロン値が上昇するという研究結果も出ているそうです。

オスモフェリンの特徴
・男性ホルモンを活性化させる効果がある
・ウィーン大学の研究で男性ホルモンを2.5倍に増加させたと実証されている

この二つの成分が入った香水を付けるだけで、淡白な男性は積極的になるでしょう。

この二つの成分が入った香水の中でも一番オススメなのが、リビドーロゼというものです。

男性が好きな香りを研究してつくられた香水なので、カップルにはピッタリの香水です。

デート前にひと吹きすれば、いつもよりも淡白な彼氏が積極的になってくれるかもしれません。

リビドーロゼは香りの持続時間が1時間と長く、耳の後ろやうなじに適量ぬるのがオススメです。

官能的な雰囲気を目指しているなら、太ももの内側やわき腹になるといいですね。

淡白な男性との付き合いに悩みがある方は、ぜひ使用してみてください。

【累計販売30万個を突破!】リビドーロゼの詳細はこちら

 

 

(参考)LCラブコスメ

まとめ

・女性も淡白に接する
・男性を具体的に誉める
・男性の淡白さを理解する
・駆け引きは絶対にしない
・メールの文章は短くする
・おとなしくて清楚な女性になる
・香水を利用する

淡白すぎる彼氏を積極的にさせるには、女性も淡白に接して、男性を具体的に誉めるようにしてください。

男性の淡白さを理解して、一か八かの駆け引きは絶対にしないようにするといいですね。

メールの文章は短くし、おとなしくて清楚な女性になりましょう。

香水は「イランイラン花油」「オスモフェリン」が含まれた香水を使うのがオススメです。

彼氏が冷たい!淡白な男性に愛されたいなら香水がオススメ

【累計販売30万個を突破!】リビドーロゼの詳細はこちら

 

 

彼を夢中にさせる!?キス専用の口紅

植物

「彼氏ともっとキスしたい!」と考えている方は、キス専用美容液ヌレヌレを付けてみてください。


ヌレヌレはキス専用のリップのようなもので、男性を虜にさせる「オスモフェリン」というフェロモンが含まれています。


そのため、デート中にいきなりキスされたり、いつもよりも激しく愛されたりすることが多くなるんですよね。


想像してみてください。ぷるぷる唇になったあなたにキスする彼氏のことを。


彼氏にたくさんキスされれば、他の友達に惚気ることができ、「彼氏に愛されている」という実感を持つことができます。


量は少ないですが、ヌレヌレは5種類の味があるので、彼氏が好きな味を選ぶといいですね。


ちなみに、ヌレヌレで男性人気No.1なのは「マスカット味」です。


P.S
今なら、期間限定でプレゼント付きキャンペーンもやっています。
無地のダンボールで届き、中身が分からないような差出人や商品名にすることも可能です。


ヌレヌレの詳細はこちら