恋のマーキングは独占欲

男性

恋人には幸せになってほしいが自分だけのものにもしたい、という独占欲は、誰しも心に持っているものだ。

自分の恋人が他の異性と話してばかりいたら、誰だって嫌な気持ちになるだろう。

独占欲と聞くと、なぜかドロドロの関係に感じて、人前には多くさらせないような気もする。だが、実は多くの人が積極的に表現して、恋人の独り占めを図っているのだ。

今回は、マーキングと独占欲の関係について説明していく。

マーキングの説明

マーキングとは英語で印をつけることを意味している。動物は、自分のすみかになる場所に腕や背中などの体の一部を擦りつけたり、爪で傷をつけたりしているが、それも印を残している行為なのだ。

恋愛ではデートに行ってお揃いの装飾品やアクセサリーを買い、同じものを身に付けることがマーキングなる。

その他の例では、結婚指輪やぺアリングなども同じ意味を持つ。つまり、お揃いのものをお互い身に付けることで、

「この人は自分の恋人だから絶対に手を出すな」

と無言で周囲の人間に忠告をしているのだ。

こうした行為をマーキングと言う。

夫婦が身に付ける指輪についての詳しい説明は、以下の記事を参考にしてほしい。

夫婦が結婚指輪を付ける理由

恋愛のマーキング

japan

男性は女性の身体や首などに所有のマークを付けるが、その行為も先ほどと同じことを意味している。特定の人物に自分のマーキングをすることで、他の異性に対して威嚇をしているのだ。

カップルには、スマートフォンの装飾品が同じだったり、同じネックレスをしているのを見かけたりするが、それもマーキングをしている。

結婚指輪もはめることによって、

「この人は自分と結婚しているから」

と周囲を牽制している。

マーキングはこれだけではなく、ペアルックの他にも大人数の前で手を繋ぐ、恋人の腕を組む、肩を抱くなどの行為もある。

周囲から見ると微笑ましく思えたり、可愛らしい愛情表現に見えたりするが、実はもっと戦略的な、恋人のつなぎとめ行為になっているのだ。

もっと詳しく掘り下げてみると、マーキングを行うことによって、恋人がこの先経験するかもしれない新しい出会いを、新しい恋の可能性にする前に断ち切ってしまう。

随分と強引な独占権の主張というふうに捉えることができる。

だが、お互いに恋人しか見えていないような、熱烈な恋愛をしているラブラブカップルにとっては、互いを縛り会うマーキングも幸福感を高める材料となるばかりだろう。

しかし、人によっては束縛されることを嫌う人もいるので、恋人が束縛されるのは大丈夫な人なのかを判断してマーキングを行おう。

まとめ・恋のマーキングは独占欲

独占欲は、多くの人が積極的に表現して、恋人の独り占めを図っている。お揃いの装飾品を身に付けたり、結婚指輪をはめているのはマーキングを行っているからだ。

束縛されるのを嫌う人もいるので、相手が大丈夫か判断してマーキングを行おう。

唇のきれいな女性に魅力を感じる心理

 

 

恋人が欲しい方へ

カップル

当サイトが現在お奨めする恋活アプリは「ペアーズ」です。


私も半信半疑で登録したことがありますが、何人かの男性から「いいね!」を押され、その内の4人と実際に会いました。


正直ネット恋愛での恋愛は期待していませんでしたが、予想よりも普通の男性でホッとし、中には年収700万の男性もいました。


ペアーズはネット恋愛の中でも特に有名で、彼氏が欲しい女性のみなさんは大体ペアーズに登録しています。


今なら女性0円で登録できますよ。彼氏がほしい方は、是非、登録してみてください。


ペアーズの詳細はこちら