片思いで一喜一憂するのが疲れる心理

恋愛のスタートは片思いから始まるものですが、片思いの期間は辛いものですよね。

片思いの時には目が合った、言葉を交わしたというたったそれだけで嬉しくなってしまうこともある一方で、今日は目が合ったのに挨拶してくれなかった、他の女の人と楽しそうに話していたというだけで落ち込んでしまいます。

片思いで一喜一憂するのはとても疲れるものですが、それにはどんな理由があるのでしょうか?

ここでは片思いで一喜一憂するのが疲れる心理を紹介します。

相手の気持ちを知る為の情報収集が疲れる

片思いで一喜一憂するのが疲れる心理のひとつ目は、片思いの状態で相手の気持ちを知るためには自分でアンテナを張り巡らせて情報収集しないといけないから疲れてしまうということです。

片思いの状態では、相手が自分のことをどう思っているか聞くことができません。

そもそも、ほとんど話したことがない相手への片思いなら話をするチャンス自体が少ないです。

話が出来る友達の関係だったとしても、直接気持ちを知るような質問はできません。

しても冗談としてあしらわれてしまうでしょう。

片思いの時は、共通の知り合いから片思いの彼が自分についてどう話していたか、どんな女性がタイプなのか、そもそも彼女がいるのかいないのかまで少ない情報を集めなければいけません。

片思いはそれをすべて自分一人でやらなければいけないので、一喜一憂して疲れるのは仕方ないことです。

自分で有ること無いこと想像してしまうので疲れる

片思いで一喜一憂するのが疲れるのは、実際の行動以外に自分の中であれこれ想像して片思いの彼の情報を膨らませてしまうからです。

彼が恋バナをあまりしないのは、みんなに隠しているだけで彼女がいるからじゃないだろうか、今日挨拶しても笑顔が無かったのは片思いがばれて避けられてるからじゃないだろうか、などと想像を膨らませ始めたらきりがありません。

しかも片思いなので自分の想像が正しいのか、ただの考えすぎなのかどうかも確かめる方法がありません。

答えの出ない想像を頭の中でループさせ続けるのは疲れるものです。

それが片思いの苦しさで当たり前と言えば当たり前なのですが、この状態がずっと続くとやっぱり疲れてしまいます。

自分の行動を決断しなければいけないので疲れる

片思いで一喜一憂するのが疲れるのは、情報収集したり想像した結果、自分がどう行動するかを決断しなければいけないからです。

最終的に告白するかどうか、いつ告白するかというだけでなく、相手から自分に好印象を持って貰うために普段どんな風に振舞えばいいかまで毎日が決断の積み重ねです。

片思いなら、ヘアスタイル、服装、話題などあらゆるところで片思いの彼のポイントを稼ぎ両思いになりたいと考えます。

無意識にそんな大事な決断を繰り返さなければいけないから片思いで一喜一憂するのはやっぱり疲れます。

他の日常に集中できなくて疲れる

上記のように片思いは両思いや付き合っている状態と違って一方通行なのでとても不安定な状態です。

両思いで安心感があれば、仕事中は仕事に集中したり、日中に連絡がなくても不安になりません。

しかし、片思いの場合は、自分がこうして何もしないでいる間に彼が他の女の子と仲良くなってそのまま付き合ってしまうかもしれないという不安を常に抱くことになります。

なにしろ、まだ自分の気持ちすら伝えていないので直接主導権を握れていないのです。

仕事中や友達と遊んでいる時でも24時間片思いの彼のことを考え続けています。

そうすると、当然他のことに集中できなくてケアレスミスや失敗を連発してしまい、ますます疲れてしまうのです。

友達にも気持ちがわかって貰えなくて疲れる

片思いで一喜一憂するのが疲れる理由は、自分の片思いで辛い気持ちがだれにもわかってもらえないことです。

友達同士の会話で、片思いの相手がいるというと親身に相談に乗ってくれるようで、やっぱり格好の恋愛ネタとして面白がられてしまいます。

「思い切って告白しちゃいなよ!」とか「お似合いだよ!」と無責任にアドバイスされると却って辛くなります。

片思いで一喜一憂する気持ちを友達に話しても、自分が思っているほどにはその苦しさが伝わらないことが、また疲れる原因になるのです。

焦れば焦るほど疲れる

上記のように、片思いで一喜一憂するのは疲れるものです。

焦れば焦るほど不安感が増してますます小さなことに一喜一憂して疲れてしまいます。

当たり前のことではあるので、それを解決する方法は両思いになって付き合うか、諦めるしかありません。

片思いの時は全て一人で決断しなければいけませんが、思い切って告白して付き合えばそんな苦しさは嘘のようにふたりで同じ感情を共有することができます。

片思いで一喜一憂するのが疲れるのはだれでも当たり前のことです。

それを乗り越えた上で幸せを掴めると思ってがんばりましょう。

男性をメロメロにする香水、リビドーロゼ

植物

「好きな人にアピールするのが恥ずかしい!」と考えている方は、ベッド専用香水リビドーロゼを付けてみてください。


ベッド専用香水なのですが、男性の本能を揺さぶる香りなので、好きな人を引き付けることができます。


特に、注目してほしいのが、リビドーロゼは香水、という点です。


ネット上で「好きな人と両思いになる方法」と検索してみても、「積極的に話しかける」「追いかけられる女になる」「気があるのかな?と思わせる」といったことばかり。こんな難しいこと、できるなら、もうとっくにしていますよね。


上の方法は曖昧に書かれていて実行するのも難しいですが、香水なら付けるだけでOKなんです。


そのため、「追いかけられる女ってなに?」とか「気があるのを思わせるってどこまですればいいの?」という考えをしなくてもよくなるんですね。


リビドーロゼを、好きな人と会う前に内ももにワンプッシュし、いつも通りにするだけで終わりです。


リビドーロゼの詳細はこちら