好きな人を取られたくない!三角関係に打ち勝つ方法

カップル

嫉妬は確かに良いスパイスだが、それどころではなく本当に嫉妬心が燃え上がるのが、三角関係に陥ったときだ。

三角関係は気まずい気持ちになりやすく最悪の場合、修羅場になってしまう可能性がある。

その三角関係を成功させるためには、どのようにアピールをすればいいのだろうか?

今回は、三角関係の解決方法について説明していく。

●こんな人にオススメ!

・友達と同じ人を好きになった
・相手と気まずい関係になりたくない
・彼氏が浮気をしていそう
・彼氏と別れたくない

恋人に異性の影がちらついて見えるとき

付き合っている恋人に、自分以外の異性の影がなんとなく見えたとき、人は焦燥感でやっきとなる。

すべてが終わって冷静に振り返ってみると、実際はたいしたことはなにもなく、さほど異性にモテるような恋人ではなかった、と気付くことがよくあるのだ。

しかし、一度嫉妬に火がついてしまうと、恋人のことを疑ってしまい猜疑心のかたまりとなってしまう。

相手が普通に生活していても、

「なぜかあやしく見える」

という気持ちで一杯になってしまうのだ。

猜疑心を持ったとき

例え、相手の行動や様子が少しでも、

「変だな」

と感じても、まずは冷静になって相手をよく観察してみよう。

気持ちを冷静にして観察すれば、恋人の心理を簡単に見ぬけられるのだ。

それでも、本当に誰かに心を奪われているようならば、早めに手を打つことが重要だ。

ハロー効果を利用する

こんなときもっとも効果があるのは、単純に見えるが、ライバルの悪口を言うことだ。

さりげなく他人目線からの視点を装いながらライバルの短所や劣っている部分をけなし、相手に

「そうかな。そんな風に見える人なのかな」

と思わせることができる。

とくに男性の場合、恋人の容姿がハロー効果となって自分の社会的価値を底上げしてくれると考えているため、見た目を他人からけなされるとグラッとくるのだ。

それが第三者を通した間接話法だと、より信憑性が高まり、ライバルへの熱は急速に冷めていくだろう。

もしも、自分の彼氏がほかの女性に気をとられていたら、

「彼女は可愛く見えるけど、スッピンは美人じゃないって噂だよ」

「本当はスタイル悪いんですって」

と、間接話法を取り入れながら、早めに心変わりの芽を摘んでおこう。

まとめ

・相手の様子がおかしく見えても、冷静になってよく観察する。

・ライバルの悪口を言うときは、さりげなく他人目線から見た短所や劣っている部分をけなす。

・第三者からの間接話法だと、より信憑性が高まり、ライバルへの熱は急速に冷めていく。


結婚を諦めていた女性がわずか18日で理想の男性からプロポーズされた方法「幸せ結婚プログラム」

淡白すぎる彼氏を積極的にさせる7つの対処法

 

 

恋人が欲しい方へ

カップル

当サイトが現在お奨めする恋活アプリは「ペアーズ」です。


私も半信半疑で登録したことがありますが、何人かの男性から「いいね!」を押され、その内の4人と実際に会いました。


正直ネット恋愛での恋愛は期待していませんでしたが、予想よりも普通の男性でホッとし、中には年収700万の男性もいました。


ペアーズはネット恋愛の中でも特に有名で、彼氏が欲しい女性のみなさんは大体ペアーズに登録しています。


今なら女性0円で登録できますよ。彼氏がほしい方は、是非、登録してみてください。


ペアーズの詳細はこちら


ペアーズの口コミ・女性向け