嫉妬を恋愛のスパイスにする

カップル

嫉妬はあまり良い感情とは言えないが、上手に利用すれば相手の気持ちの再確認が可能だ。

「最近は中だるみだ」

という恋人の心を自分に惹き付けるのにも、ちょっとした変化はとてもいい刺激になる。

今回は、嫉妬の使い方について説明していく。

相手を嫉妬させる

もし、長期間付き合っている恋人の気持ちを再確認したいのなら、

「同僚の〇〇からデータに誘われちゃった」

「〇〇さんに、“あなたのことが好きだ”って言われたんだけど、どうしよう」

などのようなことを言って、相手の嫉妬心を少し煽ってみよう。

相手が、戸惑ったたり、不機嫌な表情などで嫉妬心を表してくれたら、あなたへの想いは今も十分あるということだ。

そして、それがきっかけになってしまい情熱や独占欲が強くなった行動を見せることも多くなる。

これは、第三者の異性から好意を寄せられていたことが判明したため、少し色褪せていた自分の恋人への価値観が高まったからだ。

とても大切な存在に思え、手放したくない、自分だけのものでいてほしい、自分の側にいてほしい、という気持ちが再び表れたということ。

嫉妬を煽られた場合

もしあなたが女性で、逆に嫉妬心を煽られるような行動をされたらどうすればいいのか。

例えば、相手に浮気の疑惑が持ち上がったとき、自分はどう相手と接すればいいのだろうか。

このような場合、まずは浮気されたことに腹が立ち、怒りで嫉妬を表すことが多いと思うが、それだけではなかなか関係修復はできない。

二人の関係がかえってギクシャクしかねないからだ。

こうしたときは、涙を流すと良い。

悲しいという気持ちをストレートに表す、泣くことで、相手はあなたの愛情を再確認できる。

いつの時代も、男性は女性の涙に弱い。

怒りだけの表現よりもずっと、後悔や反省を促すことができるのだ。

まとめ

・嫉妬を上手に利用し、相手の気持ちの再確認ができる。

・嫉妬心を煽られると情熱や独占欲が強くなった行動を見せることも多くなる。

・これは、他人から好意を寄せられたことで、色褪せていた恋人への価値観が高まったから。

・女性の場合、相手に浮気の疑惑が持ち上がったとき、怒りで嫉妬を表すことが多いと思うが、涙を流す方が良い。

浮気相手を突き止める方法

浮気相手を追い詰めたいと考えているなら、「東京探偵社ALG」に相談してみてください。


東京探偵社ALGは所属弁護士が60名以上、全国9拠点に展開する探偵会社です。


最近では、探偵会社とのトラブルも多くなってきましたが、東京探偵社ALGは所属弁護士がいるので、トラブルの心配もありません。


弁護士が経営する業界初の探偵会社でもあり、社長は、本、テレビなどの多数の実績を持っています。


料金は30分単位で、カード決済、分割払いもできます。どんな理由があろうと、解約料は0円です。


東京探偵社ALGの詳細はこちら