嫉妬を恋愛のスパイスにする

couple

嫉妬はあまり良い感情とは言えないが、上手に利用すれば相手の気持ちの再確認が可能だ。

「最近は中だるみだ」

という恋人の心を自分に惹き付けるのにも、ちょっとした変化はとてもいい刺激になる。

今回は、嫉妬の使い方について説明していく。

相手を嫉妬させる

もし、長期間付き合っている恋人の気持ちを再確認したいのなら、

「同僚の〇〇からデータに誘われちゃった」

「〇〇さんに、“あなたのことが好きだ”って言われたんだけど、どうしよう」

などのようなことを言って、相手の嫉妬心を少し煽ってみよう。

相手が、戸惑ったたり、不機嫌な表情などで嫉妬心を表してくれたら、あなたへの想いは今も十分あるということだ。

そして、それがきっかけになってしまい情熱や独占欲が強くなった行動を見せることも多くなる。

これは、第三者の異性から好意を寄せられていたことが判明したため、少し色褪せていた自分の恋人への価値観が高まったからだ。

とても大切な存在に思え、手放したくない、自分だけのものでいてほしい、自分の側にいてほしい、という気持ちが再び表れたということ。

嫉妬を煽られた場合

もしあなたが女性で、逆に嫉妬心を煽られるような行動をされたらどうすればいいのか。

例えば、相手に浮気の疑惑が持ち上がったとき、自分はどう相手と接すればいいのだろうか。

このような場合、まずは浮気されたことに腹が立ち、怒りで嫉妬を表すことが多いと思うが、それだけではなかなか関係修復はできない。

二人の関係がかえってギクシャクしかねないからだ。

こうしたときは、涙を流すと良い。

悲しいという気持ちをストレートに表す、泣くことで、相手はあなたの愛情を再確認できる。

いつの時代も、男性は女性の涙に弱い。

怒りだけの表現よりもずっと、後悔や反省を促すことができるのだ。

まとめ

・嫉妬を上手に利用し、相手の気持ちの再確認ができる。

・嫉妬心を煽られると情熱や独占欲が強くなった行動を見せることも多くなる。

・これは、他人から好意を寄せられたことで、色褪せていた恋人への価値観が高まったから。

・女性の場合、相手に浮気の疑惑が持ち上がったとき、怒りで嫉妬を表すことが多いと思うが、涙を流す方が良い。

元カレを他の女に奪われないか心配な方へ

couple

もし浮気相手や失恋した元カレとヨリを戻したいと考えているなら、「復縁女性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法」を参考にしてください。


これは、復縁を成功させたい方のために作られたマニュアルで、既にたくさんの女性がこれを元に復縁を成功させています。


例えば、ホームページにも紹介されている27歳の女性。


彼女は結婚を前提に付き合っていた彼氏がいたとのことですが、遠距離恋愛が原因で別れてしまいました。その別れに自分を責め続ける彼女・・・


ついには、「カレと私の幸せは同じなのかな。。。」とネガティブになっていきます。


遠距離恋愛なので、うまく復縁しようにも空回りで終わるばかり。


ですが、彼女は約一ヶ月で復縁を成功させ、さらにカレと結婚だけでなく子供の話をするような関係にまで進んでいたのです!


彼氏が別の女性と付き合っていたにも関わらず、たったの31日でもう結婚の話をしているのですから、これってすごいことですよね。


こんな奇跡みたいな復縁方法を載せているのが、「7つのステップでもう一度好きにさせる方法」なのです。


あなたと元カレが復縁できれば、また以前の幸せを取り戻せます。


couple

・休日にカレと二人きりのデート


couple

・クリスマスの大通りを彼と歩いた時間


couple

・二人で結婚の話をして笑いあった時間


こんな幸せな時間がすごせたのは、あなたがカレを大切に想っていたからです。


復縁を成功させれば、今まで離れていた分、彼もあなたの傍にずっといてくれることでしょう。そのため、復縁成功を絶対させたい女性は、ぜひ「7つのステップでもう一度好きにさせる方法」を参考にしてください。


復縁女性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法の詳細はこちら