寝相で性格分類

動物、猫

寝相にはいろいろな種類があるが、寝相でも性格分類ができる。

今回は寝るときの姿勢で、その人の性格などを説明していく。

寝相の性格分類

これはアメリカの精神分析医、サミエル・ダンケルが主張したものだ。

寝相には性格や、そのときに悩みを抱えているかどうかなどが表現される。

脳が深く眠るノンレム睡眠のとき、人は体を動かしている。

脳の働きとは関係なく現れる寝相だからこそ、そこには潜在的な深層心理がみてとれる、というのがその理由だ。

横向きで、丸まって寝る

他人に対する警戒心が強く、自分の殻に閉じこもりがちな反面、依存心も強いタイプ。

自意識過剰な面もある。

人づき合いのあつれきに悩んでいる。

仰向けで寝る

親の期待を一身に受けて育ったタイプ。

安定した人柄で、自信が強く、オープンで柔軟な性格。

他人の細やかな感情を理解するのが苦手で、それが原因で人間関係に悩むことがある。

布団や枕を足に挟んで寝る

理想が高く、それがなかなか実現しない。

そのため慢性的な欲求不満に陥っていることが多い。

理想と現実のギャップに悩んでいる。

うつ伏せで寝る

ベッドを独占しており、母親にしがみついている形。

自己中心的で、几帳面な性格。

他人の失敗が許せず、それが欲求不満になっている現状を表す。

横向きで、膝を少し曲げて寝る

バランスのとれた安定した人柄で、人に安心感を与える。

常識的で、協調性に富む。

基本的に悩みは少ないが、人のよさだけが取り柄になったり、優柔不断な面があると悩むことも。

横向きでくるぶしを重ねて寝る

仕事や人間関係が上手くいっていないなどの、不安の現れ。

くるぶしを重ねているのは、その苦しみが大きいことを表している。

布団に潜り込んで寝る

いろいろな角度から物事を考えるタイプで、深い洞察力に優れる。

非常に細かいことに悩むところがあり、沈みがちになる傾向もある。

膝を立てて寝る

神経質で、短気な性格。

細かなこともきちんと覚えている特性を持つが、それが仇になり、根になったり、気にし続ける傾向がある。

胸の上に手をおいて寝る

何かから体を守ろうとしており、かなり大きな悩みを持っている。

突然不安になり、緊張の糸が切れてしまいがち。

肉体的な不満や悩みをもっていることもある。

ひざまずいて腰を持ち上げて寝る

眠りの浅い人や不眠気味の人に多い。

子供によく見られる寝相で、

「早く楽しい昼の世界に戻りたい」

と望んでいる。

まとめ

・アメリカの精神分析医、サミエル・ダンケルが寝相で性格を判別する方法を考えた。

ノンレム睡眠とは。脳が深く眠る睡眠のこと。

恋人が欲しい方へ

カップル

当サイトが現在お奨めする恋活アプリは「マッチ・ドットコム」です。


私も「ネットで知り合った相手なんか信用できない」と思いながらも半信半疑で登録したことがありますが、何人かの男性から「いいね!」を押され、その内の5人と実際に会いました。


正直ネット恋愛での恋愛は期待していませんでしたが、予想よりも普通の男性でホッとし、中には年収800万の男性もいました。


マッチ・ドットコムはネット恋愛の中でも特に有名で、彼氏が欲しい女性のみなさんは大体マッチ・ドットコムに登録しています。


世界25か国以上で展開されていて、アメリカではネットで結婚するカップルの3分の1が、このマッチドットコムの利用者です


もちろん、アメリカ人だけではなく、イタリア人男性、フランス人男性、韓国人男性とも出会えるでしょう。


今なら女性0円で登録できますが、いつ有料登録になるか分かりません。彼氏がほしい方は、是非、登録してみてください。


素敵な男性があなたの彼氏になれば、彼氏とのデートも楽しくなり、毎日が新鮮に感じます。朝起きた時にも、彼氏が隣で寝ていると幸せな気持ちになれますよね。


あなたがマッチ・ドットコムで素敵な男性と幸せになれることを、ささやかながらに願っています。


マッチ・ドットコムの詳細はこちら