心理学のランチョンテクニックとは

お酒

心理学には、ランチョンテクニックという言葉があります。

ランチョンテクニックというのは、いったいどういう意味なのでしょうか?

今回は、ランチョンテクニックの意味を説明します。

こんな人にオススメ!

・ランチョンテクニックという言葉を聞いたことがある
・好きな人がいるけど関係が進展しない
・今度、好きな人とでかけることになった
・彼氏とデートするけど、どこに行くか決めていない

ランチョンテクニックの意味

ランチョンテクニックとは、アメリカの心理学者グレゴリー・ラズランが明らかにしたものです。

食事をしながら相手と話すことで、相手に良い感情を持たせられることができます。

相手にこちらの意見を受け入れてほしいとき、ふつうに話すだけでは時間がかかります。

最悪、意見を受け入れてくれないかもしれません。

しかし、美味しいものを食べながら交渉をすると、相手は話しを受け入れやすくなるのです。

食事をしているとき、相手はその食べ物にポジティブな印象を持ちます。

そのポジティブの印象が、話している相手や内容にも影響するのです。

美味しいものを嫌う人はいませんので、相手にこちらの話を受け入れてほしいときは、食事をしながら交渉をするといいですね。

ランチョンテクニックの実験

実際に、グレゴリー・ラズランが行った実験があります。

彼は被験者たちと食事をし、自分のさまざまな政治的意見を説明していくという実験を行いました。

そして食事が終わったあと、被験者に自分の意見についてどう思ったかを聞いたのです。

その結果、被験者は食事をする前の状況よりも、彼の意見に対して好意的な評価を持っていました。

しかし、食事中に嫌な臭いがしている部屋で質問をされたときは意見に対して否定的な評価になったのです。

ランチョンテクニックを恋愛に使う

もし、あなたに好きな人がいるなら、食事をしながら会話をするようにしましょう。

ふつうの飲食店でも、ランチョンテクニックは効果を発揮します。

ようは、美味しいものを二人きりで食べればいいのです。

好きな人が美味しいものを食べているときは、あなたにもポジティブな印象を持ちます。

すぐに応用できるテクニックなので、休みのときは好きな人と食事をするといいですね。

ランチョンテクニックとは

飲み物

ランチョンテクニックとは、アメリカの心理学者グレゴリー・ラズランが明らかにしたものです。

人は美味しいものを食べているとき、ポジティブな気持ちになります。

そのときに相手と話していると、相手にもポジティブな印象を持つのです。

相手に話を受け入れてほしかったり交渉をするときは、美味しいものを食べながらするといいですね。

好きな人がいるときや、彼氏とデートするときなどにも役立ちます。

好きな人を落としたい!美味しい食事を食べて好意を持ってもらう

恋人が欲しい方へ

カップル

当サイトが現在お奨めする恋活アプリは「マッチ・ドットコム」です。


私も「ネットで知り合った相手なんか信用できない」と思いながらも半信半疑で登録したことがありますが、何人かの男性から「いいね!」を押され、その内の5人と実際に会いました。


正直ネット恋愛での恋愛は期待していませんでしたが、予想よりも普通の男性でホッとし、中には年収800万の男性もいました。


マッチ・ドットコムはネット恋愛の中でも特に有名で、彼氏が欲しい女性のみなさんは大体マッチ・ドットコムに登録しています。


世界25か国以上で展開されていて、アメリカではネットで結婚するカップルの3分の1が、このマッチドットコムの利用者です


もちろん、アメリカ人だけではなく、イタリア人男性、フランス人男性、韓国人男性とも出会えるでしょう。


今なら女性0円で登録できますが、いつ有料登録になるか分かりません。彼氏がほしい方は、是非、登録してみてください。


素敵な男性があなたの彼氏になれば、彼氏とのデートも楽しくなり、毎日が新鮮に感じます。朝起きた時にも、彼氏が隣で寝ていると幸せな気持ちになれますよね。


あなたがペアーズで素敵な男性と幸せになれることを、ささやかながらに願っています。


マッチ・ドットコムの詳細はこちら