寝るのが好きな人の5つの心理

cat

寝ることが好き、寝ている時間が一番好きと答える人には様々な理由や心理が隠されているものです。

なぜ寝るのが好きなのか隠されているものを追究してみると、その人の思考や価値観をも覗けることがあります。

寝るのが好きな人の心理とは、一体どんな心理なのでしょうか?

今回は、寝るのが好きな人の5つの心理を説明します。

寝るのが好きな人は考える時間を作りたくない

動物、猫、スマホ

当たり前ですが、寝ている最中にまで悩んだり考えたり意識的にできる人はいません。

何かに悩んだり考え事をする場合は、当然起きている間に行われるものですよね。

ただ、この起きている時間に考えなければならない現実に、鬱陶しい、辛い、逃げたいという気持ちを持っている人は、寝ることを好むでしょう。

寝てしまえば悩みを思い出さなくていい、寝てしまえば余計な考え事をしなくていい、寝てしまえば時間が解決してくれると思っていることで、寝ることが好きな人。

寝ることを、「現実逃避」として用いているケースも考えられます。

確かに時間を割いて悩んだり考えたりしても、現状や変わらない、解決に至らないという状況はよくあることですよね。

現実から逃げたくても逃げることはできないが、一時でも回避して気分を変えたい。

だからこそ寝ることで考える時間をなくしたいと思うのでしょう。

寝るのが好きというよりも、寝ることで余計な事を考える時間を作りたくないという、現実逃避の手段であると考えられます。

寝るのが好きな人は肉体的な疲れを残したくない

動物、猫

気になることがあったり悩みを抱えていると、起きている間どうしてもその事が頭から離れなくなりますよね。

そして何も手がつけられなくなったり食事がとれなくなったりと、健康にも害を及ぼす羽目になる。

精神的に弱っている状態だと連動して体の状態も悪くなる傾向にある為、自身でのコントロールが必要となります。

この時に、

「体だけは弱らせたくない」

「精神的な疲労と肉体的な疲労を重ねたくない」

と感じる人は、寝ることを好みます。

体が本調子ではなくなってしまったら、さらに精神的に追い込まれてしまうからです。

日頃からストレスを抱えてしまう人や、消極的で言い返せない人、くよくよと悩んでしまう人に多く見られる心理で、体だけには疲労を残したくないと感じているのでしょう。

寝るのが好きな人は妄想したい

猫

寝るのが好きという人の中には、妄想することが好きという人が多く見られます。

寝るまでの間に自分の好きな出来事や人を想像し妄想しながら眠りにつくことで、幸せな夢を見れたり、現実ではありえない夢を見ることができる。

起きた瞬間に、

「楽しかったな」

「幸せだったな」

と感じられることが好きで、寝るのが好きという人もいるでしょう。

一人でいる時間であり誰にも邪魔されることがない寝る時間は、妄想も自由にでき、自分の欲求を満たすこともできます。

必ずしも夢に出てくるとは限らないものの、現実で起きている間に妄想するよりもずっと深く考えることができる。

ストレス社会で生きている大人であれば、そこに「現実から逃れたい」という気持ちも加わる為、妄想が癖になってしまう人もいます。

現実世界が面倒くさい

猫

現実の世界に疲れ切っている人も、寝るのが好きと答える人がいます。

人間関係に疲れた、できるだけ人と会いたくない、早く時間が過ぎ去ってほしいと願う人は、寝ることが好きになっていきます。

こうした問題から逃れることができること、そして寝ている間はこうした現実のトラブルを避けられる為です。

何かしら行動すれば誰かに会う、何か発言すればトラブルになるなど、起きていれば問題が起きることが多くなるため寝ることが好きになる。

「寝ている時間は何も考えなくて良い」

「寝ている時は人と関わらなくて済む」

と、面倒なことから逃れられるのがメリットだと感じているのですね。

気持ちがリセットできる

飲み物

寝ることで気持ちがリセットできるという人もいます。

例えば何か嫌な思いをした時に、そのまま起きていれば気になってしまうものの、一度寝て起きてみると「どうでもいいや」と思える人。

寝ることが心のリセットに繋がり新たな感覚を持たせてくれる場合、寝ることが好きだと思うでしょう。

自覚がないとしても、その人の中では、

「寝ればなんとかなる」

「寝れば落ち着く」

という感覚があるため、「とりあえず寝よう」と寝ることを好む。

こうした人の場合は、自分のストレス解消法や切り替え方を知っている人で、人生を上手く乗り越えていくための手段を心得ている人です。

気持ちのリセットができる自分なりの方法を見つけられている人であると言えます。

睡眠の質を良くする

love

睡眠は気持ちをリセットしてくれますが、質の悪い睡眠では根本的な疲れが取れません。

朝起きるとき、寝たのにも関わらず、妙に肩が重かったり、動くのがダルイ思う時があります。朝から「今日は一日中布団の中にいたい……」と思う方もいるでしょう。

自分も起きた後、「なんかダルイ……」と思うことが多々ありました。

もともと寝つきが悪いほうですが、眠れても目が覚めてしまい困っていました。

ですが、会社を休むわけにもいかないので無理やり体を動かさないといけないんですよね。

朝起きて「今日はグッスリ寝れた!」と感じたいなら、

・暖かいシャワーを浴びる
・頭に合った枕を使う
・リラックス効果のある音楽を聞く
・ホットミルクなどを飲む
・アロマを焚く

などがオススメです。

ほかにも「睡眠サプリを飲む」という方法もオススメですよ。

睡眠サプリメントは、睡眠の質を上げてくれる成分を配合しているサプリのことです。

睡眠サプリと聞くと「睡眠薬と同じもの」と思う方もいますが、睡眠サプリと睡眠薬はまったくの別物です。

睡眠薬の方が効き目は早いですが、睡眠サプリは眠くなってくる実感を感じながら、徐々に眠りに落ちていくという風ですね。

そのため、自然に寝れることが多いです。

睡眠サプリで寝付きを良くする

マインドガードは「自然な眠りを促進する」ということを目的とした健康飲料です。

健康維持にとって欠かせない「トリプトファン」という物質が多く含まれていて、153種類もの栄養素が入っています。

自分も「このままじゃ寝るになれないし一回飲んでみようかな」という思いで飲んだことがあります。

即効性はないものの、2週間くらいして朝の目覚めが良くなったように感じます。

今までは、寝つきが悪くて横になって眠るまでに3〜4時間かかっていたのですが、今では1時間程度で寝れるようになりました。

以前までは寝ることがストレスで、でも眠気がなくなるわけではないので仕方なく寝ていたのですが、今は快眠できてストレスがほとんどありません。

「深く自然に眠りたい」

「ボーっとしてして重さが抜けない」

「横になって何時間たっても休めない」

という方は、ぜひ飲んでみてください。今よりももっと寝ざめが良くなると思います。

【送料無料】マインドガードの詳細はこちら

まとめ・寝るのが好きな人の5つの心理

猫

寝るのが好きという人の中には、現実から逃れたいと考える人や妄想の世界で楽しみたいと考える人、または気持ちを切り替えたいと思っている人が多く見られます。

確かに寝ることで気分を変えたり現実から離れることができるため、一つのストレス解消法といっても良いでしょう。

普段明るいと思っている人が案外繊細だったり、不快に思うことが多い場合もあります。

寝るのが好きと答えた人には、こんな心理が隠されているかもしれないという目で見てみると良いかもしれませんね。

人はいろいろな仕草や好みを調べることで、ある程度、性格が分かります。

好きな人がいるなら、その好きな人のタイプを聞いておくといいですよ。

恋人が欲しい方へ

カップル

当サイトが現在お奨めする恋活アプリは「ペアーズ」です。


私も半信半疑で登録したことがありますが、何人かの男性から「いいね!」を押され、その内の4人と実際に会いました。


正直ネット恋愛での恋愛は期待していませんでしたが、予想よりも普通の男性でホッとし、中には年収700万の男性もいました。


ペアーズはネット恋愛の中でも特に有名で、彼氏が欲しい女性のみなさんは大体ペアーズに登録しています。


今なら女性0円で登録できますよ。彼氏がほしい方は、是非、登録してみてください。


ペアーズの詳細はこちら