料理が苦手な女性・8つの特徴と料理苦手を克服する8つの方法

couple

料理が得意でおいしい女性というのは、男性から見て魅力的に感じるものだ。

最近では男性も料理を作ることが多くなったため、料理だけが上手な女性では意味がないと言われがちだが、やはり男性は料理がおいしい女性を好きになりやすい。

しかし、料理上手な女性がモテるといっても、料理が苦手な女性は必ずいるだろう。苦手ではなくても、作るときに億劫と感じる女性はいるはずだ。

今回は、料理が苦手な女性・8つの特徴と料理苦手を克服する8つの方法を説明する。

料理が苦手な女性・8つの特徴

料理が苦手な女性は味見をしない

料理が苦手な女性は、料理を作るときに味見を全くしていない特徴がある。

料理本やインターネットに書かれているレシピの手順どおりに進めれば美味しくなると思っているため、大切な味見をしないのだ。

本や情報にもよるが、レシピの手順を完璧にこなしても意外とおいしく作れない場合が多い。

料理の味を確かめるためにも、調理の途中で少しだけ味見をしておこう。軽く味見をして味に問題がないと把握したら、次の手順に進むといい。

料理が苦手な女性はアレンジをしてしまう

料理が苦手な女性ほど、なんとなくの気持ちでアレンジをしてしまう特徴がある。

・材料をきちんと確認しない
・調味料を皿に分けずに、そのまま入れてしまう
・調味料がないため、他のもので代用する

以上のようなことを、料理が苦手な女性はしてしまうのだ。

料理は少し材料を変えただけで、味が良い方にも悪い方にも変わってしまうことがある。

もちろん材料の変化だけではなく、調味料の量でも変わってしまう可能性は高い。

料理が上手になりたいのなら、材料をしっかり確認して、調味料はちゃんと確認しよう。

料理が苦手な女性は下ごしらえをしない

料理が苦手な女性は、料理がおいしくなるために必要な下ごしらえをしていないものだ。

下ごしらえは、火の通りやすさや味を出しやすくするために必要な作業になる。

・水で野菜を洗わない
・塩やコショウを事前にかけない
・油切りをしない
・材料の水気を拭き取らない

など、ひと手間かかる必要な作業を、面倒くさがって省いている特徴がある。

確かに下ごしらえは面倒くさい作業だ。地味な作業のため、下ごしらえの成果をはっきり感じにくい。

下ごしらえの例を見て、なんとなくダルい気持ちになった女性もいるだろう。

しかし、下ごしらえをしっかり行えれば料理の美味しさは格段に上がる。

料理上手な女性になりたいなら、下ごしらえはしっかりしておこう。

料理が苦手な女性は火加減が適当すぎる

cuisine

料理が苦手の中には、火加減をしっかりせず適当に行っている女性がいる。料理をしている間は、ずっと強火にしているような女性だ。

「ずっと強火にしとけば焼けるでしょ」という考えにとらわれていて、火加減を滅多に調整しない。

料理と火加減には深い関わりがある。

中華の炒め物を作るときは強火、シチューやカレーなどは弱火など、さまざまな火加減の仕方があるもの。人やレシピによって色々なパターンが存在するが、だいたい火加減は同じようなものだ。

料理を作るときは、火加減を調整して料理を作ろう。

「強火」鍋底全体に火が当たる火加減

※鍋底から火がはみ出すのは「強火」とは言わない。鍋のサイズによる。

「中火」鍋底に火の先が当たる火加減

「弱火」鍋底に火が当たらない火加減

料理が苦手な女性は料理をできるという自信がある

料理が苦手な女性は根拠もないのに、「自分は料理を作れる!」という思い込みがある。

料理を作るという経験が少ないため、なんとなく料理は簡単なものだと考えているのだ。

料理の基本を知らなく、料理本やレシピを見ないため料理の手順を理解していない。

人によっては、「色合いがいいから」と単純な理由で、料理を作ってしまう。

根拠のない自信は持たずに、きちんと料理番組やレシピを確認して調理を始めよう。

料理が苦手な女性は初心者で手際がよくない

料理が苦手の中には、料理に慣れていなくてモタモタしてしまう場合がある。最初に用意をしていなくて、調味料を探している間に料理が焦げてしまうことは初心者ならよくあること。

最初に材料を用意しておくと、後の作業が落ち着いてこなせるようになる。

調理前には、必ず必要な材料をお皿に分けておこう。

料理が苦手な女性は他人に振る舞うことがない

料理が苦手な女性は、友人や恋人など他人に手料理を振る舞うことが少ない。

もしかしたら、両親にも手料理を作った経験がないだろう。だからこそ、手料理の評価を付けてくれる人がいないのだ。

自分の料理を客観的に評価してほしいなら、両親や友人など他人に振る舞ってみよう。

料理が苦手な女性はいらない材料も買ってしまう

いらない材料をでたらめに買ってしまうと、料理がまずくなってしまう。

材料を適当に買ってしまうと、もったいなく思ってしまい料理中に入れてしまう。

「この材料を入れれば、美味しくなるに違いない」と思い込んでいて、料理に必要のない材料を入れてしまうのだ。

料理上手な女性になるためにも、いらない材料は買わないようにしよう。

料理苦手を克服する8つの方法

世の中には料理が苦手で、料理嫌いな女性は必ずいるだろう。

しかし、素敵な男性との結婚を望んでいるなら、少しは料理を学んでおいたほうがいい。

男性は料理をこなす女性を見ると、魅力的に感じやすいのだ。

料理苦手を克服するにはキッチンを綺麗に整える

料理が苦手な方は、料理を作る前からしり込みをしている可能性が高い。料理本やインターネットのレシピを見て、嫌な気持ちになるときもある。

料理を作るモチベーションを高めるためにも、キッチンは綺麗に整えておいたほうがいい。

綺麗になっているキッチンを見たら、なんとなく気分も上がりやすくなるだろう。

・塩や醤油などの調味料を整理整頓する
・台をタオルで拭く
・いらないものは捨てる

以上のことを行うと、モチベーションが上がるはずだ。

料理苦手を克服するには決まった時間に料理を作る

料理が苦手だと、どうしても作るのを先伸ばししてしまう。

「もう少し時間が立ったら料理を作ろう」と考えてしまうと、だんだん料理を作るのが面倒になってしまうのだ。しかし、料理を作る時間を先に決めておけば、面倒くささや怠さは軽減しやすくなる。

おいしい料理を作りたいなら、料理を作る時間帯は事前に決めておこう。

料理苦手を克服するにはレシピのとおりに作る

料理が苦手な人は、必要のない調味料を入れたり、無駄にアレンジをしてしまう人が多い。

ものによるが、料理に違う調味料を入れてしまうと変な味になってしまう可能性も少なくない。

甘さを際立てたいときは砂糖を入れる、という単純なものではないのだ。むしろ、砂糖を入れたせいで、メシマズになってしまうときもある。

料理をおいしく作り上げたいなら、レシピどおりに料理を作ろう。

間違っても、いらない調味料やアレンジなどをしてはいけない。

料理苦手を克服するにはカット野菜で料理を作る

料理が苦手だと、料理を作ることすら面倒に感じてしまう。

・キャベツをみじん切りにする
・ニンジンを千切りにする
・ピーマンを細切りにする

などとレシピに書いてあったら、それこそ調理のモチベーションが下がってしまうだろう。そんなときは、カット野菜を使うといい。

カット野菜はあらかじめ野菜が切られているため、自分で野菜を切る必要がない。

料理の時間を短縮でき、調理のストレスも和らげてくれる便利アイテムなのだ。

料理を面倒だと感じているのなら、カット野菜で料理を作ろう。

料理苦手を克服するにはお気に入りの料理をメモする

cuisine

料理を作り、気に入った料理があったら、メモに残しておくといい。料理本に記載してあるレシピはメモに書かなくてもいいが、インターネットのレシピは消えやすいためメモに書いておこう。

メモではなく、Twitterやlineに残すだけでも効果がある。

料理が上手な人は、気に入った料理を何回も何回も作って頭の中に叩き込んでいるのだ。

料理をおいしく作り上げたいなら、お気に入りのレシピをメモやTwitterに残しておこう。

料理苦手を克服するにはcookpadの料理を参考にする

参考になる料理本やレシピが見つからないのなら、cookpadのレシピを参考にしてみるといい。たくさんの人が登録しているだけあって、おいしい料理のレシピも豊富に存在しているのだ。

もちろん、初心者向けのレシピも数多く記載してある。

「初心者」と検索すれば、かなり初心者向けのレシピが並ぶため、サイトも見やすい。

良いレシピが見付からないなら、cookpadでレシピを見付けるのも1つの手だ。

「インターネットのレシピよりも、本のレシピを見たい」という方は、cookpadから作られたレシピ本を参考にしよう。

料理苦手を克服するにはお気に入りのお皿を購入する

・料理を作るのが面倒
・やる気が起きない
・調理に楽しみを感じない

という方は、自分の気に入ったお皿を見つけて購入するといい。

料理を面倒に感じて楽しさを感じれないと、どうしても調理のストレスが溜まってしまう。しかし、自分の気に入ったお皿やコップなどが手元にあるだけで、料理を作るモチベーションも変わってくるのだ。

もちろん、お皿ではなく、スプーンやフォークでも効果がある。

料理のやる気を上げられないなら、お気に入りのお皿を購入しよう。

●料理に使えるアイテム
・お皿     ・コップ
・スプーン   ・フォーク
・包丁     ・まな板
・フライパン  ・なべ  など

料理苦手を克服するには完璧を求めない

初めて料理を作って失敗すると、「やっぱり自分は料理が下手なんだ……」と落ち込んでしまう人がいる。

しかし、初めての時点で才能があるかないかを見極めるのは、徹底不可能なことだ。

どんなことであれ、誰でも一番最初は失敗をするもの。料理のプロたちでも、最初は料理が下手でうまくできていなかったものだ。

料理をおいしく作り上げたいなら、失敗を恐れずに料理を作ろう。

何回も料理を作っていれば、自然と料理はおいしくなるはずだ。

まとめ

料理が苦手な女性・8つの特徴
・料理の途中で味見をしない
・アレンジをしてしまう
・下ごしらえをしない
・火加減が適当すぎる
・料理をできるという自信がある
・初心者で手際がよくない
・他人に振る舞うことがない
・いらない材料も買ってしまう
料理苦手を克服する8つの方法
・キッチンを綺麗に整える
・決まった時間に料理を作る
・レシピのとおりに作る
・カット野菜で料理を作る
・お気に入りの料理はメモに残しておく
・cookpadの料理を参考にする
・お気に入りのお皿を購入する
・最初から完璧を求めない

料理が苦手な女性は、料理の途中で味見をすることが滅多なく、アレンジをしてしまう傾向がある。

下ごしらえを適当に行ってしまい、火加減を適当にしてしまうと料理はまずくなってしまう。

料理が下手な方は根拠もなく、料理をこなせるという自信がある。

初心者で手際がよくなくて、他人に振る舞うことがないと料理の腕がどれぐらいか把握できない。

いらない材料も買ってしまうと料理がまずくなってしまうため、必要ない材料は買わないようにしよう。

料理苦手を完璧に克服したいなら、キッチンを綺麗に整えて、決まった時間に料理を作ろう。

レシピのとおりに作って、便利で簡単なカット野菜で料理を作るようにするといい。

お気に入りの料理はメモやTwitterに残しておき、cookpadの上位料理を参考にしよう。

事前にお気に入りのお皿を購入しておいて、最初から完璧を求めないようにするのだ。

恋人が欲しい方へ

ハート

当サイトが現在お奨めする恋活アプリは「ゼクシィ縁結び」です。


「ゼクシィ」と聞くと「結婚」をイメージしますが、「ゼクシィ縁結び」は、「恋活」にクローズアップしたアプリ。


私も「ネットで知り合った相手なんか信用できない」と思いながらも半信半疑で登録したことがありますが、何人かの男性から「いいね!」を押され、その内の3人と実際に会いました。


正直ネット恋愛での恋愛は期待していませんでしたが、予想よりも普通の男性でホッとし、中には年収700万の男性もいました。


ゼクシィ縁結び」はネット恋愛の中でも特に信頼性が高く、彼氏が欲しい女性のみなさんは大体ゼクシィ縁結びに登録しています。


パートナーを見つけた方の約8割が、6ヶ月以内に相手と出会っているほどです。


今なら女性0円で登録できますが、いつ有料登録になるか分かりません。彼氏がほしい方は、是非、登録してみてください。


素敵な男性があなたの彼氏になれば、彼氏とのデートも楽しくなり、毎日が新鮮に感じます。


二人きりの時の情熱的なハグ。


カップル

生理の時に気を遣ってくれる。


カップル

記念日にサプライズをしてくれる。


カップル

などなど、女性に嬉しいことがいっぱいです♪


朝起きた時にも、彼氏が隣で寝ていると幸せな気持ちになれますよね。


あなたがゼクシィ縁結びで素敵な男性と幸せになれることを、ささやかながらに願っています。


ゼクシィ縁結びの詳細はこちら