赤色が好きな男性と両想いになる3つの方法

植物

赤色と大まかに言っても、赤にはさまざまな種類がある。

和のイメージがあるものは、

茜色(あかねいろ)  赤紅(あかべに)  紅色(べにいろ)
朱色(しゅいろ)   紅唐(べにとう)  紅赤(べにあか)
真紅(しんく)    深紅(しんく)   臙脂色(えんじいろ)

他にも調べてみるといろいろな赤がある。しんくの読み方が同じなのは始めて知った。

洋のイメージがあるものは、

レッド  ルビー
トマト  ケチャップ
ガーネット  サラマンダー
ワイン・レッド

トマトやケチャップは食べ物の名前だが、色にも名前として使われているらしい。

赤色が好きな人は客観的に見て、元気な性格や暑苦しい性格などをイメージする。

男らしさや態度が堂々としているイメージをしやすいため、頼りがいのある男性としても見れるだろう。

赤色が好きな男性と恋人同士になるためには、どのような行動をすればいいのだろうか?

今回は、赤色が好きな男性と両想いになる3つの方法を説明する。

男性に何回か頼み事をする

赤色が好きな男性は、集団を自分だけで率いたり、リーダーの立場になることを好む。

学校だったら委員会の委員長、会社だったら社長というように他人をまとめて、物事をこなすのが得意なのだ。

赤色が好きな男性に頼み事をすると、

「自分は頼られているのだ」

と嬉しい気持ちになり、女性に対しての好感度があがる。

初対面の関係だったり、お互いに相手のことをよく知らない関係のときには、男性に頼み事をしよう。

片思い成熟を狙う!異性に悩み事を相談してみよう

男性の内面を誉める

赤色が好きな男性はプライドが高く、他人から誉められることが好き。

誉められると誰でも嬉しい気持ちになるが、赤色が好きな男性は特に誉められるのが好きな性格だ。

容姿や外観などの外を誉めるのも効果はあるが、心や内面などの中身を誉めるほうが男性は嬉しくなれる。

忙しいときや怒っているときは、近づかないようにする

赤色が好きな男性と両想いになる3つの方法 2

赤色が好きな男性は自分が困ったときに頼れる存在だが、イライラしていたり、物事に行き詰まっているところに話しかけられると、攻撃的になる。

男性が怒っているときは、出来る限り話かけようとはせず、そっとしておいてあげよう。

まとめ

・男性に何回か頼み事をする
・男性の内面を誉める
・忙しいときや怒っているときは、近づかないようにする

赤色が好きな男性と両想いになりたいなら、男性に何回か頼み事をし、男性の内面を誉めよう。

忙しいときや怒っているときは、近づかないようにするといい。

赤色が好きな男性と早くカップルになりたい女性は以下の記事もチェックしよう。


結婚を諦めていた女性がわずか18日で理想の男性からプロポーズされた方法「幸せ結婚プログラム」

20代男性が喜ぶプレゼントランキング

 

 

恋人が欲しい方へ

カップル

当サイトが現在お奨めする恋活アプリは「ペアーズ」です。


私も半信半疑で登録したことがありますが、何人かの男性から「いいね!」を押され、その内の4人と実際に会いました。


正直ネット恋愛での恋愛は期待していませんでしたが、予想よりも普通の男性でホッとし、中には年収700万の男性もいました。


ペアーズはネット恋愛の中でも特に有名で、彼氏が欲しい女性のみなさんは大体ペアーズに登録しています。


今なら女性0円で登録できますよ。彼氏がほしい方は、是非、登録してみてください。


ペアーズの詳細はこちら