ピンク色が好きな人とカップルになる3つの方法

食事

ピンク色と大まかに言っても、ピンク色にはいろいろな種類がある。

和名のピンク色は、

灰桜(はいざくら)  藤色(ふじいろ)   紅藤(べにふじ)
聴色(ゆるしいろ)  苺色(いちごいろ)  躑躅色(つつじいろ)
桃花色(ももはないろ)紅梅色(こうばいいろ)牡丹色(ぼたんいろ)
撫子色(なでしこいろ)紅鶸色(べにひわいろ)

外国のイメージがあるものは、

ピーチ コスモス  カーネーション  オールド・ローズ
オーロラ・ピンク  オーパル・ピーチ コーラル・ピンク
サーモン・ピンク  パステル・ピンク フェアリー・ピンク
ストロベリー・アイス  マリー・アントワネット

ピンク色を好きな色は、ロマンチックで女性が好きなイメージがある。

第三者目線から見てピンク色を好きな男性は、女々しく見えるかもしれない。

可愛らしい色のため、可愛いものや形を好む。優しい性格でもあるだろう。

ピンク色が好きな男性はピンクが好きだが、恥ずかしくて他人に好みの色を言えない場合がある。

ピンク色が好きな人とカップルになるためには、どのように接していけばいいのだろうか?

今回は、ピンク色が好きな人とカップルになる3つの方法を説明する。

相手が傷付かない言葉を伝える

ピンク色が好きな人は他人に優しく接するが、繊細な性格でもある。否定的なことを言われたら、すぐに傷付いてしまうタイプだ。

嫌われないためにも、否定的な言葉を言わないようにしよう。少しの否定的な言葉も言わないほうがいい。

冗談で言っても、心理的に傷付く可能性がある。

「〇〇って太ってるな」

「〇〇は可愛くないよな」

「あなたは背が小さいですね」

などの言葉はNGだ。

花言葉などを覚える

ピンク色が好きな人はロマンチックなものを好む。花言葉や儚さをイメージするものが好きなのだ。

自分の好きなことを相手も好きだと、一気に仲良くなれる。

花言葉は完璧に覚えなくてもいいが、

「自分も花言葉が好きなんです」

というようにアピールをしよう。アピールをするかしないかで、仲良くなるスピードに違いがでる。

自分もピンク色が好きだと伝える

ピンク色が好きな人とカップルになる3つの方法 2

ピンク色を好きな女性は多いが、男性にもピンク色を好む人はいる。ピンク色はおしゃれな色で、いろいろな人に好まれやすい色だ。

反面、周囲の反応が怖くて他人に、「自分はピンク色が好きなんだ」と伝えられない人がいるのも事実だ。

男性は、「男なのにピンク色が好きって言うのはちょっと……」と考えてしまう可能性もある。

女性の場合は、「ピンク色が好きなんて言ったら、ブリッ子って思われるかな……」と悩んでいる可能性があるのだ。

もし相手から信頼されていて、

「ピンク色が好きなんだ」

と言われたら、批判的なことを言わずに、

「自分もピンクが好きなんだ」

と伝えてみよう。自分の好きなことを相手も好きだったら、お互いに親しみを感じられる。

まとめ

・相手が傷付かない言葉を伝える。

・花言葉などを覚える。

・自分もピンク色が好きだと伝える。

恋人が欲しい方へ

カップル

当サイトが現在お奨めする恋活アプリは「ペアーズ」です。


私も半信半疑で登録したことがありますが、何人かの男性から「いいね!」を押され、その内の4人と実際に会いました。


正直ネット恋愛での恋愛は期待していませんでしたが、予想よりも普通の男性でホッとし、中には年収700万の男性もいました。


ペアーズはネット恋愛の中でも特に有名で、彼氏が欲しい女性のみなさんは大体ペアーズに登録しています。


今なら女性0円で登録できますよ。彼氏がほしい方は、是非、登録してみてください。


ペアーズの詳細はこちら