バレンタインをアメリカ人と過ごすときの3つの注意点

キスマーク

バレンタインは日本だけではなく、アメリカにもあります。

フランスやイタリアのバレンタインは何となくイメージできますが、アメリカのバレンタインはイメージが沸きません。

アメリカのバレンタインは、いったいどのような仕組みなのでしょうか?

今回は、バレンタインをアメリカ人と過ごすときの3つの注意点を説明します。

こんな人にオススメ!

・アメリカ人の彼氏とバレンタインを過ごす予定
・アメリカのバレンタインはどうなっているのか知りたい
・好きな人がアメリカ人でプレゼントを渡そうと思っている
・日本とアメリカのバレンタインの違いが知りたい

アメリカのバレンタインは男性がプレゼントする

カップル

アメリカのバレンタインは、男性が女性にプレゼントを渡しています。

日本は女性から男性にプレゼントを渡すので、その反対ですね。

プレゼントは人によって変わりますが、チョコレートやバラ、アクセサリーなどが多いようです。

中には、レストランの予約を取るアメリカ人男性もいますよ。

アメリカにはホワイトデーがない

食べ物

日本ではホワイトデーが知れ渡っていますが、アメリカにはホワイトデーがありません。

ホワイトデーに女性がプレゼントしても、アメリカ人男性は「今日なんかあったっけ?」と思われます。

ちなみに、フランスやイタリアにもホワイトデーは存在しません。

義理チョコが少ない

食べ物

日本のバレンタインは義理チョコがありますが、アメリカには義理チョコがありません。

本気で愛していない人にチョコをプレゼントするのは、アメリカでは少ないんですね。

まとめ

食べ物

・アメリカのバレンタインは男性がプレゼントする
・アメリカにはホワイトデーがない
・義理チョコが少ない

バレンタインをアメリカ人と過ごすときの注意点は、アメリカのバレンタインは男性がプレゼントすることです。

日本は女性から男性にプレゼントするので、その反対というわけですね。

他にも、アメリカにはホワイトデーがない、義理チョコが少ないことも覚えておくといいですね。

アメリカ人男性と付き合う5つの方法

 

 

世界25か国語で展開!マッチドットコム

植物

韓国人やアメリカ人などの外国人と付き合いたい方は、「マッチ・ドットコム 」がオススメです。


「世界最大級の婚活サイト」を謳っているだけあり、アメリカやフランス、韓国人などが多数登録しています。


グローバル展開されているので、利用者の数は他のサイトよりも圧倒的に多く、1500万人以上の人がマッチドットコムに登録しています。


マッチドットコムにはイタリア人やフランス人なども登録していますが、体感的にはアジアの人たちが多く登録していました。


「居住地」「人種」「言語」でも検索できるので、目当ての外国人を見つけやすいです。


無料版だと機能が制限されますが、登録は無料です。


そのため、一度登録して、外国人がいるのか調べる、というのもアリですね。


マッチドットコムの詳細はこちら