男性弁護士との恋愛を有利に進める4つのテクニック

道具

弁護士という仕事は国家資格を持っており、給料は比較的高く、頭がいいというイメージがある。

女性の中でも、

「結婚相手は弁護士の男性がいい」

という理想を持つ女性も少なくない。

今回は、弁護士との恋愛を有利に進める4つのテクニックを説明する。

ストレスを癒してあげる

弁護士は仕事柄、多忙になることが多く、そのことについて文句を言う女性もいる。

寂しさや悲しさから、

「なんで会ってくれないの!?」

などのような文句を言ってしまうのだろうが、あまりにも口煩く言うと、男性も嫌な気持ちになる。

文句を言わずに男性のストレスを癒してあげると、男性の精神的な疲れも取れ、女性に安心できるのだ。

マナーを知っておく

前回、医者が好きになる女性、6つの特徴でも説明したが、医者や弁護士の男性の親は性格が厳しい場合が多い。

息子に恋人ができたと知ると、女性の外見や性格、マナーなどの礼儀に当たる部分を判断して、男性の恋人に似合うのかを考える。

中学生やギャルが使う言葉遣いを女性がしていると、それだけで印象が悪くなり、最終的には恋人関係を否定されるのだ。

印象を良くするためにも、言葉遣いには注意をし、服装も清潔なものにして男性の両親と出会おう。

勉強をして頭を良くする

当たり前のことだが、弁護士は頭のいい男性がとても多い。

頭の良さは恋愛にそこまで重要ではない部分だが、頭を良くしておくと男性弁護士からの印象が良くなる。

仕事の休憩時間や暇な時間ができたときは、コツコツと頑張って英語などの語学を学んでおこう。

英語を学んでおく

弁護士の中には、勉強のために海外に留学に行くときもある。

弁護士の会社が優秀だと、留学費用を代わりに出してくれるため、恋人を誘うこともあるのだ。

そのようなときのために、英語をある程度できるようになろう。

まとめ・男性弁護士との恋愛を有利に進める4つのテクニック

男性弁護士との恋愛を有利に進める4つのテクニック

・ストレスを癒してあげる。

・マナーを知っておく。

・勉強をして頭を良くする。

・英語を学んでおく。


結婚を諦めていた女性がわずか18日で理想の男性からプロポーズされた方法「幸せ結婚プログラム」

 

 

私だけを見て欲しい!彼を虜にする講座

植物

「彼をもっと自分の虜にしたい!」と考えている方は、釜谷基子の彼を虜にする講座を参考にしてください。


この講座は心理カウンセラーの釜谷基子氏が説明しているもので、恋愛だけではなく、家族や友だちとの絆も仕事も最高の状態を保ち続けることができる欲張りな講座です。


そのため、「恋愛か家族や友だとどっちを選ぶべきなのだろうか?」と思う必要がなくなり、いつもよりも激しく愛されたりすることが多くなるんですよね。


想像してみてください。彼氏があなたに夢中になり、あなたのことしか考えられなくなる奇跡のような光景を。


メールが少なくなってきた彼氏からいきなり今度のデートを聞かれたり、冷たい彼氏が他の友達にあなたのことで惚気たりと、「彼氏に愛されている」という実感を身にしみて持つことができます。


ケンカばかりしている彼氏や最近会ってない彼氏にも「今何してるの?」とか「今度家に行ってもいいかな?」と言われたら最高にハッピーですよね。


この講座では、そんな女性の願いに答えるために書かれたものなのです。


・「彼氏に本当に愛されているのか不安……」


・「彼氏は自分を遊び相手として付き合っているような気がする……」


・「言い訳ばかりで他の女性と別れてくれない……」


という悩みを持つ女性は、このノウハウを参考にしてみてください。


きっと、彼氏はあなたのことしか目に入らなくなりますよ。


P.S
今なら、90日間の無制限メールサポートが特典として入っています。
350名以上の方に大好評頂いたブログ限定レポートも無料で見ることができます。


彼を虜にする講座の詳細はこちら