医者が患者を好きになる時

患者さんがお医者さんを好きになることはよくあることですが、実はその逆もあります。

お医者さん側が担当した患者さんを好きになってしまことも時にはあるんです。

ではどんな時に医者は患者にときめくのか。いくかその例を紹介していきます。

会話が弾んだ時

「会話が弾んだ時」も、医者が患者を好きになる瞬間です。

お医者さんというのは意外と孤独な職業です。

病院内には職員から患者さんまで沢山の人がいますが、お医者さんは立場上なかなか心を許せる相手がいません。

特に同僚の医者や看護師さんとは、仕事上の会話が多くなり、なかなか気を休めて会話を楽しむ機会が少ないんですね。

そんな中、意外と会話が弾むのが担当している患者さんです。

医者と患者は、診察などで定期的に顔を合わす機会があります。

診察の際には雑談をする機会もありますので、ちょっとした会話で意気投合することも。

特に、普段孤独を感じ、仕事でも疲れを感じている医者の場合、そんな患者さんとのちょっとした雑談が癒しとなることもあるんです。

会話が弾み、「なんかこの人とずっと話していないな」と思わせられれば、お医者さんと患者の距離はぐっと縮まります。

それが高じて、恋愛に発展することももちろんあります。

ですので、お医者さんと恋愛したい方は、できるだけ診察の時などに会話を積極的に行っていくのがおすすめです。

ただし、あまりグイグイと行き過ぎると嫌がられることもあります。

お医者さんは女性慣れしている方も多いので、「この患者さん自分を狙ってるな」と思われると逆効果です。

できるだけ自然に、雑談を楽しむ感じて、会話を行うとそれが恋愛のキッカケになるかもしれません。

スキンシップが多い時

「スキンシップが多い時」も、医者が患者を好きになる瞬間です。

男性は女性よりもスキンシップに敏感な生き物。

手と手が触れ合っただけでも、親近感をもち、相手を女性として意識することがあります。

また男性の場合、自分の半径1m以内に入られただけでも、相手を意識することもあります。

もちろんお医者さんの場合、多くの女性を診察していますので、一般的な方に比べると抵抗力は高いです。

とはいえ、毎回診察する患者さんと診察の度にスキンシップがあると、脳がその相手を”特別だ”と意識してしまうこともあるのです。

このため、お医者さんと恋愛したい方は、診察の際などにできるだけお医者さんに近づき、スキンシップを試みるのがポイントです。

ただしこちらも、あからさまにやると警戒されます。

ベタベタとくっついていくのではなく、さりげなく自然にスキンシップを図ることが大切。

たとえば「ちょっと手のこの辺が痛いんです、見てくれますか」などと持ち掛け、触れてもらうなどですね。

いかにさりげなく行えるか手腕が問われます。

感謝された時

「感謝された時」も、医者が患者を好きになる瞬間です。

たいていのお医者さんは、「病気になった患者さんを助けたい」、そして「助けたことで感謝されたい」、そんな気持ちを多かれ少なかれ持っています。

今は薄れてしまっていても、元々はそういった想いを胸にこの職業を選んだ方が多いです。

お医者さんである以上は。

ですので、自分が担当した患者さんから感謝されると、相手に好感を持つことがあります。

時にはそれが恋愛に発展することも。

ただしこちらも、お医者さんは普段から感謝されることに慣れていますので、ただ「ありがとうございました」と感謝するだけではなかなか響きにくいです。

印象に残るくらい、強い感謝の想いを伝えることがポイントです。

たとえば「病気が治った事で、以前挑戦できなかった○○にも挑戦できました、本当に感謝しています、お医者さんがいなかったら自分の人生変わっていた」など、具体的な
エピソードを交えたりすると、印象に残り易くなります。

他にも、古風ですが感謝の想いを”手紙”に綴って渡すなどもいいかもしれませんね。

お医者さんにとって、自分の担当した患者さんの具合が良くなり、それで人から感謝されることはこの上ない幸せです。

それを上手く伝えられれば、お医者さんから特別な想いを抱かれることもあるのです。

ギャップを感じた時

「ギャップを感じた時」も、医者が患者を好きになる瞬間です。

たとえば、病気を患っていた時は、心身ともに弱っており、心細そうにしていた患者さん。

泣きだしそうになり、自分だけに弱さを見せ、自分を頼ってきた患者さん。

そんな患者さんが、回復後はバリバリ働く強い女性に戻っていた。

こんな姿を見せられると、お医者さんはギャップを感じ、相手を意識することがあります。

「自分はこの子の弱い部分を知っている」、「自分だけこの子の両面を見た」と感じ、相手に妙な親近感を抱くことがあります。

このようなギャップを見せ付けられれば、お医者さんと特別な関係になり、恋愛に発展させられることも。

このため、お医者さんと恋愛したい方は、治療中に自分の素を見せるといいかもしれません。

弱々しい自分を出すというよりは、病気の時だけ見せる自分の素の顔を出すといった感じですね。

大病を乗り越えた時

「大病を乗り越えた時」も、医者が患者を好きになる瞬間です。

直ぐには治らない大きな病気を抱えた際には、お医者さんも患者も必死になってそれを乗り越えようとします。

その過程で、二人だけでの特別な連帯感が生まれ、お互いが特別な感情を持つことがあります。

吊り橋効果ではありませんが、大きな困難に対して、共に悩み共に挑むと、言葉では言い表せない強い信頼関係が生まれてきます。

患者さんはもちろんのこと、これはお医者さんであっても同じこと。

ですので、大病を患った時はお医者さんと恋するチャンスとも言えます。

大病で入院し、「自分とお医者さんで一緒に治していくんだ」と前向きな姿勢を見せれば、その後恋愛に発展するかもしれません。

ただしもちろんですが、お医者さんと恋愛したがために病気になるのはやめましょう。

自分のタイプである時

最後に「自分のタイプである時」も、医者が患者を好きになる瞬間です。

お医者さんも人間ですので、自分のタイプである女性、タイプでない女性があります。

自分のタイプの女性、自分の好みの女性が患者さんになると、定期的に診察で会う事で、好きになってしまうことも。

タイプというのは、性格・容姿・価値観・雰囲気などさまざまなものが関連してきます。

お医者さんと恋愛したい方は、さりげなくそのお医者さんの好みを聞き出し、それに合った自分を演出すると恋愛に発展させられるかもしれません。

まとめ

以上が、医者が患者を好きになる瞬間の例となります。

お医者さんは女性関係に恵まれているイメージがありますが、仕事の忙しさなどで女性とは全く縁のない方もいます。

意外と普段接する患者さんを好きになってしまうこともあり、医者と患者が恋愛や結婚に結びつくことももちろんあるのです。

私だけを見て欲しい!彼を虜にする講座

植物

「彼をもっと自分の虜にしたい!」と考えている方は、釜谷基子の彼を虜にする講座を参考にしてください。


この講座は心理カウンセラーの釜谷基子氏が説明しているもので、恋愛だけではなく、家族や友だちとの絆も仕事も最高の状態を保ち続けることができる欲張りな講座です。


そのため、「恋愛か家族や友だとどっちを選ぶべきなのだろうか?」と思う必要がなくなり、いつもよりも激しく愛されたりすることが多くなるんですよね。


想像してみてください。彼氏があなたに夢中になり、あなたのことしか考えられなくなる奇跡のような光景を。


couple

メールが少なくなってきた彼氏からいきなり今度のデートを聞かれたり、浮気症の彼氏があなたのことでノロけたり、友達に「オレの彼女」と紹介してされたりと、「彼氏に愛されている」という実感を身にしみて持つことができます。


couple

ケンカばかりしている彼氏や最近会ってない彼氏にも「今何してるの?」とか「今度家に行ってもいいかな?」と言われたら最高にハッピーですよね。


couple

この講座では、そんな女性の願いに答えるために書かれたものなのです。


・「彼氏に本当に愛されているのか不安……」


・「彼氏は自分を遊び相手として付き合っているような気がする……」


・「言い訳ばかりで他の女性と別れてくれない……」


という悩みを持つ女性は、このノウハウを参考にしてみてください。


きっと、彼氏はあなたのことしか目に入らなくなりますよ。


P.S
今なら、90日間の無制限メールサポートが特典として入っています。
350名以上の方に大好評頂いたブログ限定レポートも無料で見ることができます。


彼を虜にする講座の詳細はこちら