「、、、」を使う人の心理

「、、、」は「…」と表記される場合があり、三点リーダーと呼ばれる記号です。

目的としては、文章全体で時間の経過を表現したり、言葉に余韻を与える効果もあります。

少し難しいかもしれませんが、例えば元カレが「、、、」を使う場面があった時、元カレの思惑や、彼女に対して「こうしてほしい」という思いが出ている場合もあるのです。

意識せずに復縁を持ちかけている場合と、「もう終わりにしたい」場合にも「、、、」の使い方を観察すれば、元カレが放つサインを感じ取れることがあります。

、、、を打つには労力がいること

ラインやツイッターなど、わざわざ「、、、」を打つ行為は、少なからず労力を使います。

文脈の最後についていれば、元カレが本気なのか、または遊びで何も彼女のことを考えていないなどが分かるのです。

そのサインを元カレが打った文章から感じ取ることができるのが、「、、、」となります。

普通の文章に緩急であったり、理解してほしい自分の気持ちを伝えたい場合が多く、また逆に、そっとしてほしい、もう関わりたくないといったマイナス面の意味合いも含みます。

「、、、」は元カレの感情が表現されていて、その感情を察してほしい、分かってほしい元カレの考えもあるのです。

「、、、」は時間がほしい時に使われる

「、、、」は時間の経過を表現する記号と書きましたが、使用した元カレ側も、彼女に対して復縁を考える時間がほしい、直接的ではなくてもそう考えている気持ちが「、、、」に出ている時があります。

また、彼女に対して優しさや柔軟さを感じてほしい時にも「、、、」が有効となり、やはり気持ちの面で彼女に優しさを向けていて、復縁を持ち掛けている傾向も感じます。

よく「時間が解決してくれる」と言われますが、「、、、」には時間によって彼女との関係を修復させようとする元カレの分かりづらい気持ちも含まれている可能性があるのです。

SNSの種類によって意味も変わる?

現代ではSNSの種類も増えていて、ラインやツイッターなどを使い、情報を発信できる機会が増えています。

彼女と彼氏、カップルたちの連絡手段も携帯端末を使用して気軽に行っていますよね。

そのようなSNSの種類によっても「、、、」の意味合いは変化する場合もあります。

例えば、プライベートの意識が強いライン、メールでは、もちろん彼女に向けて「、、、」が使用されます。

意味合いとしては、やはりお互いに時間が必要である意思表示、また付き合いたいという元カレの我がままが、彼女の否定によって玉砕された時の悲しみなどです。

広い用途に使用され、多くの人間に見られる可能性のあるツイッターでは、周囲のユーザーに「彼女を大切に思っている」とある種のパフォーマンスとして「、、、」が用いられます。

個人差はあるのですが、「、、、」には彼女に気持ちを分かってもらえない悲しみを、周囲の人物に披露している、または、「こんなに悲しんでいる」と同情してほしい雰囲気を文章から感じます。

「、、、」が発しられた状況や環境によって、何を伝えたいのかが浮き彫りになるのです。

逆に復縁の思いが元カレにない

「、、、」を使用する場合、自信のなさや考えが定まらない元カレの思いも感じます。

「おまえはどうしようもないな…」など、元カレ側が彼女に対して呆れている、関係性のあやふやな所が「、、、」に現れているのです。

もし、元カレの意志が強い場合には、「俺とまた付き合おう!」など、文章からも前向きな気持ちが伝わってくるはずです。

しかし、「もう少し様子をみよう…」という具合に、「、、、」が存在すると消極的な雰囲気を感じ、元カレの傷心した様子が浮かんでしまいますよね。

原因はこちらにあることも考えられ、「、、、」の数によって復縁の難しさも変化します。

「、、、」には元カレの気持ちが表れている

前向きな文章は「、、、」の有無によって分かりますし、もし「、、、」が多ければ、元カレが彼女に対して何らかの思惑であったり、復縁を持ちかけるタイミングを計っている可能性が考えられます。

しかし逆に、彼女に対して呆れた気持ちを表すために使うこともあり、彼女側も自分の行動や言動を見直すことが大切です。

もし、元カレから送られてきた文章に「、、、」があったら、良く考えて彼が発するメッセージを感じ取る必要があります。

「、、、」一つで大きく意味合いが変わり、復縁を望んでいるかの本気度も伝わってくるはずです。

心理としも、様々な思惑が隠されていますから、それを上手く読み取ることも重要となります。

元カレを他の女に奪われないか心配な方へ

動物、猫

本気で復縁を考えているなら、「電話占いヴェルニ」に相談してみてください。


電話占いヴェルニは、雑誌やTVメディアなど、全国で活躍する先生方に電話で占っていただけるサービスです。


創業13周年のヴェルニは、占いサイトの中でも「占い師の審査が厳しい」と有名で、審査会場に行ける方は約60%、そこから採用に至る方は全体のわずか3%となっています。


ヴェルニは占いの的中率だけではなく、お客さんへの心遣いや寄り添い、向上心、社会的モラルなども大切にしていて、10年間変わらず守り続けた「60項目による審査基準」は今でも引き継がれています。


占い師が足りないからといって、採用基準を変えないところがヴェルニのいいところです。


これほど占い師として採用されるのが過酷なので、その過酷な道を進んできた占い師は十分信頼できます。


さらに、電話占い業界には珍しい、「プライバシーマーク」も取得していますよ。


料金は、だいたい1分230円~です。時間が長くなるほど高くなってしまうので、あらかじめ占ってほしいことをメモしておくといいですね。


無料で登録でき、その他月額費・年会費は一切掛かりません。通話料も固定電話・携帯電話を問わず無料です。


登録は「電話番号」「メールアドレス」「名前(ニックネーム可)」「生年月日」「性別」だけで、登録するさいに一番気になる「住所」や「本名」は登録しなくてもOKです。


あなたは元カレと復縁したら、どこでキスしますか? いつ手をつなぎますか?


付き合いたての頃みたいに手をつないで歩いてもいいし、LINEでたわいもない会話をするのもいいですね。


・「元カレのことが好きすぎる!」


・「元カレを虜にさせたい!」


・「元カレを奪われたくない!」


という方は、ぜひ相談してみてください。


電話占いヴェルニの詳細はこちら