結婚するときの収入が不安なときの対処法

結婚するときに収入面で不安を抱えることは珍しくなくなっています。

年金の不足などが叫ばれつづけていて、結婚後の生活がどうなるか、その後の老後が安定するかはどうしても不安になりがちです。

女性の方が平均寿命が長いこともポイントで、男性との意識の差が現れやすい部分でもあります。

収入面で不安がある場合はどのように不安と向きあうか、解決していくかが重要になるのです。

収入面に不安がある場合は実際にいくらかかるか計算することも大切

収入面に不安がある場合は、実際にいくらお金がかかるのか知らないからという場合が多くなります。

実際経済的に苦労している人の情報は珍しくなく、どうしても不安になりやすいのもポイントです。

うまくいっている人の情報は積極的に集めないと触れられないため、不安がふくらみやすい理由にもなっています。

実際に計算してみると意外と問題がないということも多いため、調べたり計算することも大切なのです。

保険会社などの情報を鵜呑みにしないことも大切です。

保険を売るために生活に必要なお金を高めに見積もっているケースは珍しくなく、生活スタイルにマッチしていない場合もあります。

生活の基準とその基準を維持するために必要なお金を計算すれば不安が解消する場合も多いのです。

不足があれば不足を補う対策ができるため、それだけ不安への対策がしやすくなります。

病気や事故は保険と国の制度をあわせる感覚が重要になる

病気や事故で収入が減った場合を不安視する人は珍しくなく、保険に入る人が多い理由にもなっています。

ただし、保険のかけすぎが家計を圧迫し、不安を増大させるケースもあります。

これは保険にかけるお金を貯金し続ければかなりの金額になる場合が珍しくないからです。

病気やケガで仕事ができなくなれば収入がゼロになると考える人は多くいます。

実際は傷病手当や障害年金など、仕事ができなくなった人の収入を補う制度はいくつもあります。

保険ではなく公的制度の利用を視野にいれて保険に入らないと保険のかけすぎになりかねないのです。

寡婦年金など、大黒柱の夫が亡くなった場合に使える公的年金制度があるのもポイントになります。

実際に病気やケガなどが不安な場合は、実際にどの程度の確立でおき、国の制度などでどれくらい補えるか知っておいた方が良いのです。

出産や育児も公的制度を利用することを前提にする

結婚と収入のバランスで不安が出やすいのは、出産や育児に関する問題です。

何かと支出が増えるため子どもを生まないことを選択する人もいます。

子どもの将来に責任を持てないと考える人も多いのです。

出産や育児に関する出費で不安をかかえている場合は、出産一時金などの制度を調べることも大切になります。

出産や育児を促すための法律は多く、自治体でも特別な補助をしていることが多いのです。

子育てを前提により育てやすい場所に移住するなど工夫を加える人も多いのです。

住宅の補助など様々な優遇策で人気になっている自治体は増えています。

家賃や光熱費、医療費の心配なども少ない場所も珍しくないため調べることで不安が解消される場合もあるのです。

収入源を増やすのも対策になっている

収入の不安を減らすために収入を増やすという考え方もあります。

インターネットの普及で場所を選ばない働き方をする人が増えていて、副業などもネットを通して行うケースも目立つようになっています。

副業で収入を増やす、あるいはリモートワークも視野により稼げる職場を探す人も多くなっているのです。

ポイントになっているが人手不足の業界の多さです。

少子高齢化などで働き手が不足する地域は珍しくなくなっていて、人材のマッチング自体が難しくなっています。

都心部であれば高い収入に結びつきやすいのは当然ですが、給料を高くしないと人が集まらない地方も増えているのです。

人材不足を補うために仕事の一部をネット経由で外注することや、高給や補助などで人手を集めるケースは珍しくないのが現実になります。

地方だから子供は保育園に待機期間などを気にせずに入れて、子育ての補助金も受けられる、仕事の収入も上がるなど良いとこばかりの転職もありえるのです。

もちろん、自治体による差と企業による差はあります。

しかし、それだけ深刻な人手不足や自治体は存在し、住む場所や働く環境を変えるだけで大きなプラスになる場合もありえるのです。

隙間時間にネットを通じて副業をするなど収入を増やす手段は多いため、うまく取り入れることで不安が解消される場合があります。

将来の昇給を考えてみる

自分か夫が正社員の場合は将来の昇給を考えることは大切です。

年齢が上がると昇給していく仕組みになっている企業がある一方、収入増が見込めない企業もあります。

企業の将来性を考えることは重要で、若い男女ほど将来性がある企業に転職することが増えているのです。

経済の流れが急激に変わっているため、時代の変化に耐えられる企業かどうかもしっかりと考える必要がでています。

大企業だからといって安定して成長できるとは限らないため、よりシビアに考える必要がでています。

伸びが期待できる企業や業界であれば、働き続けることで経済状況が改善される場合もあります。

特に20代後半から収入が一気に増えるケースは珍しくないため、頭にいれておきたい部分になっているのです。

資産運用を考えるのも方法

収入の不安がある場合は個人年金や保険、投資信託などの金融資産を利用するのも方法になります。

銀行に預けても利子で貯金が増えるのは期待できない時代です。

老後の不安がある場合は個人年金を利用する、それ以外にも貯蓄をかねた保険を利用するなど工夫した方がプラスになります。

投資信託など、年利で考えれば利息が1%を超えるのもポイントです。

また、個人年金や保険で積み立てをおこなっていると、自分の積立金を元に低金利でお金を借りられるなど優遇を受けることができます。

年金や保険も積み立てて終わりではなく、解約したり、借りたり、より効率が良いものに乗り換えていくのが常識になりつつあるのです。

終身タイプの個人年金とかもあるので老後の不安が強い人におすすめになります。

小銭を利用した積み立てを行って資産運用をするアプリや、AIを利用したロボットアドバイザーなど資産運用の幅も広がっています。

年1%の金利でも10年で複利がつけばかなりの金額です。

中長期の経済状況が不安な場合は利息も意識することが大切です。

収入の不安を解決するためには知ることと備えることが重要

結婚の収入の不安を解決するためには、どれくらい不足しているか知ること、対策を立てることが大切です。

不安の大きさがわかれば対策ができます。

収入を増やすことや、不要な支出を見直すこと、利息で増やすことを視野に入れれば備えられることが多いのです。

公的な補助制度も視野に入れることや、働き方を見直すことも対策になります。

恋人が欲しい方へ

ハート

当サイトが現在お奨めする婚活アプリは「ゼクシィ縁結び」です。


「ゼクシィ縁結び」は、みなさんもご存知の通り、あの有名なゼクシィが運営しています。会員数はなんと、100万人突破!


私も「ネットで知り合った相手なんか信用できない」と思いながらも「まあゼクシィなら安心できるかも」と言う半信半疑で登録したことがありますが、何人かの男性から「いいね!」を押され、その内の5人と実際に会いました。


正直ネット恋愛での恋愛は期待していませんでしたが、予想よりも普通の男性でホッとし、中には年収800万の男性もいました。


ゼクシィ縁結び」は彼氏が欲しい女性のみなさんは大体、登録しています。


今なら0円で登録できますが、いつ有料登録になるか分かりません。彼氏がほしい方は、是非、登録してみてください。


\ ダウンロードはこちら /
ゼクシィ縁結び - 婚活アプリ
ゼクシィ縁結び - 婚活アプリ
開発元:株式会社リクルートマーケティングパートナーズ
無料
posted withアプリーチ

素敵な男性があなたの彼氏になれば、彼氏とのデートもほんわかしたものになり、毎日がキラキラと新鮮に感じられます。


・辛いときはギュッと優しく抱きしめてくれる


・生理の時にはよしよしと気を遣ってくれる


・誕生日やクリスマスのときにはほんわかとした気持ちになれる


などなど、女性に嬉しいことがいっぱい♪


朝起きた時にも、大好きな彼氏が隣でスヤスヤ寝ていると幸せな気持ちになれますよね。


ゼクシィ縁結びをインストールすれば、理想の彼氏とも出会えてしまうのです!


あなたがゼクシィ縁結びで素敵な男性と幸せになれることを、ささやかながらに願っています。


\ ダウンロードはこちら /
ゼクシィ縁結び - 婚活アプリ
ゼクシィ縁結び - 婚活アプリ
開発元:株式会社リクルートマーケティングパートナーズ
無料
posted withアプリーチ