片思いの嫉妬でイライラするときの対処法

片思い中の女性の心はとっても繊細なため、好きな人のちょっとした言動にモヤモヤイライラしてしまいます。

相手男性が他の女性に微笑む姿を見てると胸が苦しくなったり、ライバルが可愛い子だと勝てそうにない自分にイライラし始めることだってあるでしょう。

そんな時、どんな方法でその辛さを乗り越えていけばいいのでしょうか。

やきもちが辛くても好きな気持ちは簡単には止められません。

上手な対処法を知って、片思いを少しでも楽しめるようになりたいと思いませんか?

今回は、そんな対処法を5つご紹介していきます。

恋愛以外に夢中になれるような何かを見つける

片思いからくる嫉妬が止められないのは、今のあなたが恋愛にのめりこみすぎているせいかもしれません。

好きなら好きのまま、そればかりにならないように別の夢中になれる何も見つけましょう。

今は恋愛に100%意識が向いていますが、仕事や趣味、遊びなどというように意識が分散していくとそればかりにはなりません。

相手男性の小さな変化やちょっとした言動に一喜一憂する片思いなんて辛すぎます。

しかし、他のことに夢中になれる時間があると、その時間くらいは片思いの辛さからも開放されます。

そんな風に片思いとうまく付き合っていくことができれば、恋愛も今以上に嫌になったりはしないでしょう。

ライバルに負けないくらいアプローチしていく

嫉妬の原因が別の女性にあるなら、あなたもライバルに負けないくらい相手男性にアプローチしていきましょう。

他の女性と仲良くしているのが辛いのであれば、自分もそんな関係になるべく話しかけて仲良くなってしまえばいいのです。

イライラしている原因は本当にライバルの存在だけなのでしょうか。

もしかすると、そんな二人を見ていても何もできないダメな自分が原因なのかもしれません。

ですから、嫉妬でイライラしてしまうなら覚悟を決めて相手男性に仕掛けていくしかないのです。

それができたというだけで満足できるかもしれませんし、他の女性を威嚇して寄せ付けなくさせられるかもしれません。

そうなってくれたらひとまず安心です。

相手男性の優しい性格のせいにしてしまう

「あの人が優しすぎるから悪いんだ!」というように、イライラを相手男性の性格のせいにしてしまうという対処法もあります。

あなたが好意を持っていると知っているくせに、他の女性に優しくするなんて納得できますか?

そんな様子を見ていることにも気づいているのに、どうしてそっけなくしたりして気を使ってくれないのでしょうか。

彼氏でのないのにそれを求めるのもちょっとわがままかもしれませんが、相手男性はそれができないくらい優しい人なのかもしれません。

それならみんなに優しくしてしまうのも仕方ないと思えるでしょう。

そのうちに、みんなに優しい彼のことをもっと好きになっている自分に気づくはずです。

自分磨きを頑張って自分に自信を持つ

片思いで嫉妬してしまうのは、自分に自信が持てないせいで心の中で負けを認めてしまっているからではないでしょうか。

その証拠に、イマイチな女の子と好きな男性が仲良くしていてもそんなに動揺しないはずです。

しかし、明らかに可愛い女の子と一緒の時は、その子に好きな気持ちがあるかどうかは関係なく嫉妬してしまうこともあるでしょう。

女性って、こんな風に心の中で勝ち負けを決めて勝手に苦しんでしまう厄介な一面がありませんか?

そんな厄介な性格の女性こそ自分磨きを頑張りましょう。

そして、自分に自信を持てるようになればいいんです。

「みんなより可愛い」とか「みんなより○○ができる」というだけで、受け止め方にも余裕が生まれてくるはずです。

二人だけの時間や秘密を作って楽しむ

片思いで嫉妬してしまうのは、ライバルの女性の方が相手男性との距離が近いのが原因です。

それなら、二人だけの時間を作るために誘い出してみてください。

職場恋愛なら「仕事を教えてください!」とか「相談があって…」と声をかけます。

二人だけの時間が作れたら、ちょっと気持ちが満たされて落ち着くかもしれません。

それに、その繰り返しでどんどん仲良しになっていけます。

二人の秘密を作るというのも魅力的な対処法ではないでしょうか。

楽しい思い出や印象に残るような経験をした時は、あえて「秘密にしてね!」とお願いしてみましょう。

後なってその秘密を思い出せば、嫉妬の瞬間もイライラを押さえつけることができます。

男性をメロメロにする香水、リビドーロゼ

植物

「好きな人にアピールするのが恥ずかしい!」と考えている方は、ベッド専用香水リビドーロゼを付けてみてください。


ベッド専用香水なのですが、男性の本能を揺さぶる香りなので、好きな人を引き付けることができます。


特に、注目してほしいのが、リビドーロゼは香水、という点です。


ネット上で「好きな人と両思いになる方法」と検索してみても、「積極的に話しかける」「追いかけられる女になる」「気があるのかな?と思わせる」といったことばかり。こんな難しいこと、できるなら、もうとっくにしていますよね。


上の方法は曖昧に書かれていて実行するのも難しいですが、香水なら付けるだけでOKなんです。


そのため、「追いかけられる女ってなに?」とか「気があるのを思わせるってどこまですればいいの?」という考えをしなくてもよくなるんですね。


リビドーロゼを、好きな人と会う前に内ももにワンプッシュし、いつも通りにするだけで終わりです。


リビドーロゼの詳細はこちら