布団がないと寝れない人の特徴

みなさんのまわりには、電車の中や友達の家の床など、どこでも場所を選ばず寝られる人もいれば、ちゃんとした布団がないと寝れない人も両方いるかと思います。
どこでも寝られる人は細かいことを気にしない、自由奔放な性格であると言えますが、逆に布団がないと寝れない人はどんな特徴があるのでしょうか。
ここでは、そんな布団がないと寝れない人の特徴と、日常生活や恋愛での接し方について紹介します。

何事も形から入る

布団がないと寝れない人の特徴は何事も形から入るということが挙げられます。
つまり、寝ようと思ったらまず布団を用意して、パジャマに着替えて、シャワーを浴びて、歯磨きをして、電気を消して布団に入るという、寝るという一連の行為の流れと準備をしっかりしないと落ち着かないのです。
逆に、布団を準備して布団に入るという流れを踏むことで、形が整って気分がいいので布団でぐっすり寝られます。
例え自分が眠くても、寝る時は布団に入るという形をすっ飛ばして、椅子や移動中に寝るのは半端に感じてしまいます。
布団がないと寝れない人はそのようなきちんとした性格なので、何事も形から入るのが好きです。
スポーツを始めるにもまず最初に全身ユニホームや道具を揃えたり、キャンプ用品を事前に調べて完璧に揃えてから挑戦するという特徴があります。
恋愛においても、形から入るのが基本なのでなんとなく一緒に居るうちに付き合っていたというパターンよりも、オシャレなレストランでベタなデートをして、デートスポットで告白して指輪をプレゼントして恋人になるという流れを好む傾向があります。
言い換えれば段取りを大切にするという事なので、付き合いたいと思った時に勢いや情熱で押していくよりも、最初は食事だけ、その後は一緒に映画を見に行って、何回かデートを重ねた後で告白というスタイルを好みます。
形から入る人との恋愛においては焦りは禁物です。

周囲の目線に敏感

布団がないと寝れない人は周囲の視線に敏感です。
例え眠っていて自分で他人の視線がわからなくてもそれは同じです。
電車の中で熟睡して大口を開けて上を向いてしまったり、いびきをかいてしまったり、授業中に居眠りをしてヨダレを垂らしてしまうことをとても恐れるので、例え寝不足であっても布団以外の場所で眠ることができません。
もちろん、車を運転していてサービスエリアでちょっと仮眠するという、寝てもいい、寝たほうがいい状況でもやっぱり日ごろの習慣が抜けず、他の人から見られる可能性のある場所ではリラックスすることができません。
公共の場所で周囲の目線が気になるこういったタイプの人と友達関係で付き合う時は、個室タイプや隣の席との距離が離れた場所で話したほうが本音で話して仲良くなれるし、恋愛においてもプライベート感のある場所でデートしたほうが上手く行きます。
また、恋愛中でも人前で手を繋いだりキスをするのはあまり得意ではありません。

細かな変化に敏感

布団がないと寝れない人は、細かな変化に敏感な人だといえます。
自宅の布団と、外出先のソファー、電車の座席などは当然ながらいつも自分が寝ている布団とは寝心地や明るさ、周囲の物音もまるで違います。
細かな変化に敏感な人は、無理してそんな中で寝ようとしても寝ながらでも、その変化を察知してしまい熟睡することができません。
そこまでではなくても、自宅以外で居眠りしてしまって目が覚めた時に自分がどこにいるか一瞬わからない間隔は誰にでも経験があるのではないでしょうか。
布団がないと寝れない人はその感覚が普通の人より何倍も敏感なのです。
そのように寝る時まで周囲の変化にアンテナを張っているタイプの人なので、日常生活や恋愛でもそれは同じです。
周囲の人がちょっと落ち込んでいたり、困っていればすぐ気付くことができるし、さりげない気遣いもできるので人気があります。
恋愛においても、相手の気持ちに敏感なので駆け引きにも失敗しないし付き合ってからも恋人に気配りができて、恋愛の相手としてはちょっと神経質だけどおすすめのタイプです。

完璧主義者

布団がないと寝れない人は完璧主義者という評価もあります。
睡眠をとるためには、身体が痛くない布団に入って、体温を一定に保ち、眩しくない環境を用意するのがベストです。
完璧主義者な人は、せっかく睡眠をとるならベストな環境を整えて完璧に疲れを取ってリフレッシュしたいと考えます。
ベンチやソファなど完璧じゃない環境で寝ても充分に休めないどころか、身体が痛くなったり、睡眠効率が良くないと考えるので、ついつい布団以外の場所では心からリラックスすることができずに寝ることができません。
同じように人間関係や日常生活でも完璧を求める傾向にあり、相手がだらしない生活スタイルだったり、喧嘩の原因が解決していないのになあなあで仲直りするというのが許せません。
恋愛においても同じで、多少窮屈かもしれませんがその分しっかり者なので頼りがいがあります。

自制心がある

布団がないと寝れない人は自制心があるしっかり者です。
人間の三大欲求としてよく挙げられるのが、食欲、性欲、睡眠欲です。
基本的に睡眠不足の状態だと、睡眠欲に逆らうのは至難の業なので、普通の人は電車の中や車の助手席などでもその欲求に負けて寝てしまいます。
しかし、布団がないと寝れない人は、逆に言えば布団が用意されてどうぞ寝ていいですよという状況にならない限りは、睡眠欲を抑えて自制するという強い意志を持っていると言えます。
もちろん、極限まで疲れていれば寝落ちしてしまうことはありますが、そこまで自分の欲求を抑えなければいけないと考えているストイックさはもちろん恋愛にも共通しています。
このような自制心が強い人は、付き合う前に勢いで肉体関係を結んでしまうことも少ないし、付き合った後で他の人と浮気をする危険性も非常に少ないです。

心配性で臆病

布団がないと寝れない人は、心配性で臆病な性格と言えます。
上記でも説明したように、布団以外の本来寝るべきではない場所で寝ることで、他の人にからかわれてしまうのではないかということが心配なので心からくつろげないというのもそんな臆病な性格から来ています。
また、本能的にいつも守られていないと不安になる気持があります。
現代社会ではあまり可能性が低くても、他人がいる場所で無防備に眠ってしまうことで外敵に襲われる危険があるという本能は捨てきれません。
そんな心配性で臆病な気持ちがあるので、誰の目も気にせず、しかも柔らかくて暖かい、布団に包まれて肉体的にも安全な状況に身を置かないとなかなかぐっすり眠れないのです。
このような心配性なタイプの人と、友人関係や恋愛で付き合う時は、そんな不安を取り去ってくれる包容力のある人の存在が大切です。
実際、このように心配性なタイプの人は恋愛対象に、母性の強そうな女性を選んだり、年上の恋人の包容力に惹かれる傾向にあります。

恋人が欲しい方へ

ハート

当サイトが現在お奨めする恋活アプリは「イククル」です。


「イククル」は、国内最大級の1300万人も登録しているアプリ。


私も「ネットで知り合った相手なんか信用できない」と思いながらも半信半疑で登録したことがありますが、何人かの男性から「いいね!」を押され、その内の4人と実際に会いました。


正直ネット恋愛での恋愛は期待していませんでしたが、予想よりも普通の男性でホッとし、中には年収700万の男性もいました。


イククル」は2000年からサービスが始まっており、彼氏が欲しい女性のみなさんは大体、登録しています。しかし、18歳未満はご利用できません。


今なら0円で登録できますが、いつ有料登録になるか分かりません。彼氏がほしい方は、是非、登録してみてください。


素敵な男性があなたの彼氏になれば、彼氏とのデートも楽しくなり、毎日が新鮮に感じます。


二人きりの時の情熱的なハグ。


カップル

生理の時に気を遣ってくれる。


カップル

記念日にサプライズをしてくれる。


カップル

などなど、女性に嬉しいことがいっぱいです♪


朝起きた時にも、彼氏が隣で寝ていると幸せな気持ちになれますよね。


あなたがイククルで素敵な男性と幸せになれることを、ささやかながらに願っています。


イククルの詳細はこちら(18禁)