好きな人が取られそうなときの対処法

couple

焦らずに好きの程度を見極める

好きな人が取られそうなとき危機意識を持つことは大事ですが、ライバルの登場に必要以上に焦ってしまうのはよくありません。

というのもその相手の好意自体がどのような好きかによって、本当に取られてしまうのか、一過性のもので終わるかに分かれるからです。

見た目がよくモテる男性ほど、女性にとって恋愛のライバルは多くなってきますよね。

ですが、その好意を示している女性全員が、何もその彼と本気で付き合いたいと考えているわけではないのです。

その中には、ミーハー心から好きだと言葉にしていたり、付き合うことでステータスがあるからという不純な好意も含まれています。

ですから軽い気持ちやミーハー心で好きをアピールしている相手に対しては、さほど警戒しなくて問題ありません。

取られそうだと焦るよりも、その本気度をまず見極めるひとが大切です。

両思いの可能性を冷静に考える

好意を一方的に寄せているだけでは、両思いになることはできません。

好きな人が取られそうなとき、その好意を寄せているライバルと意中の相手が両思いになる可能性を考えるのも対処法の一手になります。

好みのタイプだったり、話が合うなど性格的に噛み合う場合は、それだけ取られてしまう確率が高くなってきますよね。

恋愛はけして数字であらわせるものではありませんが、両思いの可能性があるストライクゾーンと思われる相手がライバルとして登場した場合、ぐすぐすと後手に回るよりも先手に出た方が得策な場合があります。

嫉妬するのではなくされるくらいの優位性をアピールする

恋愛のライバルに時に嫉妬してしまうことも考えられますが、嫉妬をするよりされることが好きな人が取られそうなときの一番の対処法です。

なぜかというと嫉妬というのはそれだけ相手が不利だと感じている証拠です。

恋愛で優位に立っていれば勝ち目がないと思って、自ら身を引いてくれることも考えられます。

好きな人との共通ポイントを多く持ってライバル意識を削ぐ

恋愛の敵意を削ぐには、好きな人との共通した趣味や考えなどを持つことが重要です。

そうすることで恋愛関係にまだ発展していなかったとしても、まわりからしてみればくっつくのは必然、この二人は両思いなんだろうなと勝手に邪推してくれます。

つまり当人同士というよりもまわりからの噂や、客観的な関係性で、両思いの雰囲気を見せつけることが大事なのです。

共通点が多くある相手に悪い気は持ちません。

そのため好きな人と距離を縮めて優位性をアピールするには、趣味などをリサーチしておくのがベストです。

二人きりで行動させないように気を配る

好きな人の興味をライバルに移さないために、二人きりで行動させないよう気をつけることで恋愛の一歩を踏み出すことを防ぎます。

グループ行動の中だったとしても、ちょっとした買い物だったり用だったり小さなイベントごとをライバルに奪われてしまうとそれだけ不利に陥りやすくなるのです。

親近感や親密性が増すなど恋愛のチャンスを増やしてしまいます。

恋愛が絡まないような用事であっても、二人きりで行動させる機会を与えないようにすることが大事です。

二人だけでなく割り込んで三人で行動するようにしたり、グループ単位で行動させたりと徹底的に気をつけることで、恋愛対象外のままライバルの努力を終わらせることができます。

まわりに振り回されて恋を邪魔されないように注意する

取られてしまうかもと危機感を覚えることはけして悪いことではありまんが、ライバルを陥れようとしたりむきになって見境ないアピールをするよりも、自分自身の評価を下げないようにすることの方がライバルに出し抜かれる可能性を低くできます。

というのも女性同士の恋愛のいざこざは、まわりからすぐ感づかれてしまいます。

そのためそういった様相は好きな人にも当然筒抜けになっているケースもあるのです。

いくら好いてくれているからといって、他人に迷惑をかけたり見難い嫉妬心をあらわにする女性に、男性は魅力を感じません。

まわりに振り回されて躍起になり気づかないうちに、恋のチャンスを自ら潰してしまうこともあります。

そうならないように他者からの目を気にすることも、意中の相手の恋愛対象内に居続ける努力につながるのです。

足を引っ張られないように距離を置く

いくらライバルの存在を気にしないようにしていても、行動的な相手だと自ら仕掛けてきたり攻撃的に出られることがあります。

そういった場合、足を引っ張られないようにする対処が必要で、けしてやり返したりムキになってしまわないよう大人の余裕を持つことが大切です。

足を引っ張られるということは、それだけ相手が恋愛的に不利な状況に立たされているというサインにです。

そんな相手に時間をかけて構う必要はありません。

むしろ眼中に入らないように、距離を置いたり顔を合わせる機会を減らした方が得策です。

敵対心を向けさせないようにすることも、相手の戦意喪失に結びつきます。

外見を磨くことで勝ち目がないと思わせる

男性にとっても女性にとっても優れた外見の相手は魅力的です。

恋愛であればそれだけまわりのライバルよりリードして、好きな人の本命になれる確率が高くなります。

またライバル達にとっても、同じくらいの外見の相手よりも適わないと感じるくらいハイレベルの外見であれば、ライバルを宣言するどころか土壌にも上がってこないことがあります。

つまり語らずして、ライバルたちに勝ち目がないと思わせることができるのです。

外見は関係なく中身を見てほしいと考えていたとしても、好きな人を取られないためには見た目を整える努力は必要不可欠。

恋愛において分かりやすい優位性を維持するには外見が最も効果的で、尚且つメイクやヘアスタイル、ファッションなど後からでも素早く改善できるため効率もよくなっています。

先に告白をし好意を宣言して接近しにくくさせる

100パーセント両思いでないと告白できない人もいますが、好きな人が取られてしまう前に先手を打つことも必要です。

勝負事にはタイミングがあるように、先を越されてしまうことでなかなか気持ちが追いつけなかったりメンタル的なダメージを受けることもあります。

また先手で告白することで、ライバル達が告白しにくくさせる効果もあります。

例え一回目の告白で返事を保留にされたり一度は振られてしまっても、ライバルたちへの警告になるのです。

自分も同じケースになるかもと告白する気持ちにブレーキをかけることができます。

両思い未満だとしても気持ちを伝えたことは、好きな人から好感を覚えてもらうきっかけになります。

そういったチャンスをまわりに与えないようにするために、常に先手を打つことを心がけるのがベター

また告白だけではなく、出かける相手として誘ったりともに行動する機会があれば積極的に参加アピールをすることで関係性を深めていけます。

先を越されて後からやきもきして焦った行動に出てしまうより、勇気を持って先陣を切ることが真っ向勝負で優位に立っているという内面からの自信につながります。

恋人が欲しい方へ

ハート

当サイトが現在お奨めする恋活アプリは「ゼクシィ縁結び」です。


「ゼクシィ」と聞くと「結婚」をイメージしますが、「ゼクシィ縁結び」は、「恋活」にクローズアップしたアプリ。


私も「ネットで知り合った相手なんか信用できない」と思いながらも半信半疑で登録したことがありますが、何人かの男性から「いいね!」を押され、その内の3人と実際に会いました。


正直ネット恋愛での恋愛は期待していませんでしたが、予想よりも普通の男性でホッとし、中には年収700万の男性もいました。


ゼクシィ縁結びはネット恋愛の中でも特に信頼性が高く、彼氏が欲しい女性のみなさんは大体ゼクシィ縁結びに登録しています。


パートナーを見つけた方の約8割が、6ヶ月以内に相手と出会っているほどです。


今なら女性0円で登録できますが、いつ有料登録になるか分かりません。彼氏がほしい方は、是非、登録してみてください。


素敵な男性があなたの彼氏になれば、彼氏とのデートも楽しくなり、毎日が新鮮に感じます。


朝起きた時にも、彼氏が隣で寝ていると幸せな気持ちになれますよね。


あなたがゼクシィ縁結びで素敵な男性と幸せになれることを、ささやかながらに願っています。


ゼクシィ縁結びの詳細はこちら