バレンタインに飴を渡す意味

日頃から好意を抱いている

バレンタインに飴を相手に渡す意味合いとして、まず好意抱いているサインでもあります。

もらうスイートやギフトによってはマイナスの意味を含むものもありますが、飴の場合、否定的な感情はけして含んでいません。

そのため相手から変に勘ぐられて中を悪化させてしまう心配はないのです。

飴は大人から子供まで楽しめるスイーツとして幅広く愛されているとおり、飴が持つ意味合いはとても幅広い好意になっています。

そのため恋愛的な好きもあれば、友情の好き、そして尊敬といった広意義になっているのです。

贈る相手をさほど限定せずに気楽に、バレンタインデーには飴を贈ることで相手に好意的な感情を伝えられます。

ライク的な意味合いを含んでいる

バレンタインというと、やはり恋愛での進展を期待する人も多いですが、飴を渡すことで恋愛の意味合いでの好きを伝えることが可能かというと、ややストレートではありません。

なぜかというと飴は、恋愛感情から発生している好きをあらわしているものとは一概とられないからです。

よりストレートに恋愛感情を伝えに行くのであれば、チョコをはじめとした王道のスイーツがベストになります。

だからこそ飴を本命相手に渡すということは、イコール告白しているのではないと想定していた方が無難です。

場合によっては友達の意味で好きと思ってくれているのかと、勘違いさせてしまうこともあり、渡す相手やタイプによって飴は色んな好きのメッセージが込められています。

片思いなど気になっている相手

本命だとしても、まだ両思いではない相手に飴を渡すことは片思いであることを示します。

そのため片思い中の相手に対して飴をプレゼントすることで、恋愛のスタートラインに立つことができるのです。

これまで話したことが少ない相手であったとしても、飴は渡しやすいフランクなスイーツですよね。

いきなりチョコというといくら本命であったとしても、相手によっては重すぎると受け取られてしまいかねません。

だからこそ今後アプローチをしていく上で、最初に飴を選ぶということは相手を思いやった行動にもなります。

適度な距離感を保ちながら、好意をさりげなく教えることができるため、渡す時のハードルは低いこともあり、より自然に距離を縮めることができるのです。

踏み出すよりも関係を維持したい

飴は少しずつ口の中で溶けていくスイーツのため、恋愛的な大きな進展を考えていないことをあらわします。

チョコのように一気に溶けていくものであれば、いますぐにでも恋人になりたいや、パーソナルスペースに入りたいといった願望が含まれていますが、飴はそういった願いはあまりない証拠なのです。

つまり踏み出して一気に状況が変わってしまうよりも、このまま良好な関係を維持したいという思いが強いのです。

また、友達から恋人になろうとしている場合もそうで、心地よい関係を続けたい意向が強くなっています。

そのため一概に関係をキープしたいということは、ネガティブであるとはいえません。

飴は舐めている人のペースで早く食べ終わったり、長く残しておいたりできるスイーツです。

だからこそそのペースの手綱をコントロールしたい意向があり、引き続き楽しい距離感を維持したいという願いが入っています。

ポジティブな印象を持っている

相手にポジティブなイメージがある場合、飴は選びやすいスイーツになっています。

バレンタインでは多くの場合、チョコなど濃厚な甘さのもので気持ちを伝えるようとするケースは多いですが、飴は送る相手にもそして送る本人も相手への信頼を感じているのです。

一見飴はバレンタインに贈るものとして比較器安価なものも多く、場合によっては相手を困らせてしまうこともあります。

けれど飴をバレンタインに贈ることができる相手ということは、それだけ信頼関係ができ上がっているということなのです。

つまり失礼にあたらず、むしろポジティブな意味で受け取ってくれることを予測できるということはそれだけ深い間柄わ指し示します。

特に子供相手ではなく、年上相手にプレゼントできるということは、それだけ互いの仲が成熟しているということです。

つまり信頼を置いているからこそ、プレゼントの真意を汲み取ることもできます。

悪意を抱いていないことが前提となる、良好関係だというポジティブなメッセージなのです。

フレーバーや味の種類で違う親愛度

飴と一口にいっても色んな種類があり、一般的な大きく違いを分けているのはその味のバリエーションです。

ではバレンタインデーという恋愛的イベントで渡す飴は、味付けによってどんな意味合いに変わってくるのかというと、実に様々です。

まず甘酸っぱく、お菓子的な感覚が強いストロベリー味の飴ですが、こちらは恋愛色が強くなっています。

相手への印象として甘酸っぱいまさに恋をイメージさせる味になっていて、また色味も赤、ピンクといった王道の恋愛カラーです。

フレーバー、見た目も相まって、ストロベリーはそれだけ両思いになりたい希望が強く出ています。

また、次にアップル味ですが、これは今すぐにでも結婚してもいいくらいの特別な感情を示しています。

アップルというと、青リンゴ、赤リンゴと色々ありますが、そういった実が熟していく過程が出会い、恋愛、結婚といった人生に自然と重ねて考えているケースもあるのです。

だからこそアップル味の飴は、それだけ情熱的な愛情になっています。

癖のある甘いキャラメル味の飴は、一見強い恋情を含んでいると考えられがちですが、実はこの飴の味付けの場合、恋愛より友達感覚が濃厚になっているのです。

というのもキャラメル味は苦みのない砂糖が濃厚に出ている甘さだからこそ、逆に大人よりも子供に人気が高いフレーバーです。

なので大人の視点から考える好意ではなく、子供が友達などに対する全般的な好意がメッセージのメインになっています。

飴が持つ意味だけでなく、味付けまで含めるとよりメッセージのバリエーションは多角的になっていくのです。

長くお付き合いをしたい

バレンタインに渡すプレゼントに、飴をチョイスした場合、片思いやフランクなライクといった好意を含みますが、そのベースにあるのは末永く仲良くしていきたいという意向です。

熱しやすく冷めてしまう間柄ではなく、細々でも長く仲良くできる関係を構築していきたいという願いがあります。

飴は固形から舐めることで少しずつ液体状に変わっていきます。

その過程と同じように、長期間一番の友達でいたかったり、友達以上の関係になりたいといったゆっくりとした希望があるのです。

そのため急に近づきすぎることをあまり好まず、時間をかけて心を通わせていきたい気持ちが強く、逆に表面的な関係にはなりたくないと感じています。

つまり、ただ友達でいたり恋人になりたかったりといった代名詞的な存在は望んでいません。

心から友達や恋人として受け入れてもらいたいという意味があるのです。

恋人が欲しい方へ

ハート

当サイトが現在お奨めする恋活アプリは「ゼクシィ縁結び」です。


「ゼクシィ」と聞くと「結婚」をイメージしますが、「ゼクシィ縁結び」は、「恋活」にクローズアップしたアプリ。


私も「ネットで知り合った相手なんか信用できない」と思いながらも半信半疑で登録したことがありますが、何人かの男性から「いいね!」を押され、その内の3人と実際に会いました。


正直ネット恋愛での恋愛は期待していませんでしたが、予想よりも普通の男性でホッとし、中には年収700万の男性もいました。


ゼクシィ縁結び」はネット恋愛の中でも特に信頼性が高く、彼氏が欲しい女性のみなさんは大体ゼクシィ縁結びに登録しています。


パートナーを見つけた方の約8割が、6ヶ月以内に相手と出会っているほどです。


今なら女性0円で登録できますが、いつ有料登録になるか分かりません。彼氏がほしい方は、是非、登録してみてください。


素敵な男性があなたの彼氏になれば、彼氏とのデートも楽しくなり、毎日が新鮮に感じます。


二人きりの時の情熱的なハグ。


カップル

生理の時に気を遣ってくれる。


カップル

記念日にサプライズをしてくれる。


カップル

などなど、女性に嬉しいことがいっぱいです♪


朝起きた時にも、彼氏が隣で寝ていると幸せな気持ちになれますよね。


あなたがゼクシィ縁結びで素敵な男性と幸せになれることを、ささやかながらに願っています。


ゼクシィ縁結びの詳細はこちら