ナイフが好きな人の心理

みなさんの身の回りにナイフが好きな人はいませんか?
男性に多い傾向がありますが、ナイフを収集したり、ナイフについての本を読んだり、ナイフなどの刃物を眺めるだけで楽しいというタイプの男性は一定数います。
ナイフというとちょっと危険な香りがしますが、実際にナイフが好きな男性が本当に危険かというとそんなことはありません。
ここではそんな、ナイフが好きな人の心理をいくつか紹介します。

シンプルさに憧れる

ナイフが好きな人は、ナイフのシンプルさに憧れています。
ナイフ自体は、基本的に刃の部分と柄の部分だけで構成された、切るという目的に特化した道具で余計な機能は何もついていません。
限られた目的の中で、僅かに施された装飾や、刃の形、柄の色など非常にシンプルな要素だけで個性を表現しています。
ナイフが好きな人は、複雑な機能や個性、難しい使用方法などの煩雑さを嫌い、そんなナイフのシンプルさに憧れがあるのでナイフが好きになります。
そのようなナイフが好きな男性の恋愛傾向もまたシンプルを好む傾向にあります。
あまり駆け引きや、ほのめかしなどの複雑な恋愛は得意ではないし、好きではありません。
もし、好きな男性が出来てその人がナイフを好きだということがわかったら、あまり恋愛の駆け引きをせずに積極的に思いを伝えたり、交際するときもあまり複雑なルールを作らずに本音で接するのが効果的でしょう。

集中力を高めたい

ナイフが好きな人は、ナイフを眺めたり手に取ることで集中力を高めたいと考えているタイプです。
集中することがもともと好きで、何かに熱心に打ち込んでいる時に歓びを感じます。
当然ながらナイフは刃物なので、取り扱いに注意が必要です。
うっかり自分の手を傷つけてしまうこともある道具なので、細心の注意を払って手に取ったり、刃を研いだりしなければならず、集中力を必要とします。
ナイフが好きな人はナイフの手入れをするときに感じる集中力に魅力を感じています。
ナイフ好きな男性と接したり恋愛する時は、男性が集中している時間を邪魔しないように心がけるとよいでしょう。
男性側も自分の集中を邪魔しない女性、集中している時にその自分を尊重している女性により惹かれ、恋愛に発展しやすいです。
ナイフの手入れをしている時に限らず、本を読んでいる時、仕事をしている時にも邪魔しない女性は好感度が高くなります。

強く見られたい

ナイフが好きな男性は、一般の人が連想するのと同じように刃物=力の象徴という風に考えています。
もちろん実際に刃物を振り回したいと思っている訳ではありませんが、力の象徴である刃物を手にすることで自分に自信が持てると考えています。
逆に言うと、どちらかというと手ぶらの自分に自信がなく、そのコンプレックスを刃物の力を借りて自分のプライドを保っていると言えます。
そんなナイフが好きでプライドを持っている人との恋愛では、相手の男性のプライドを尊重してあげることが何より上手く行くコツです。
男性が自信を持っていることは素直に褒めたり感心してあげて、逆に男性の発言や人格を、たとえ喧嘩になったとしても全否定しないことが恋愛で上手く行く秘訣です。

切り札を持ちたい

ナイフが好きな男性は、切り札を持つことで自分の冷静さを保つことができるタイプです。
実際に喧嘩でナイフを使うことは100%ありませんが、いざとなれば自分にはナイフという切り札があるという状況を作ることで、喧嘩になっても冷静でいられるという心理があります。
つまり、喧嘩に限らず仕事でも恋愛でも、最悪の場合の立ち廻り方、落としどころを予め考えておくことで、その前段階で冷静に問題を解決できるというモットーを持った慎重な性格の人だと言えます。
そんな男性との恋愛で、デートスポットの意見の違い、日常の些細な喧嘩が起きた時には、男性が考えている最終の落としどころで、女性側がきちんと収まることが上手く行く秘訣です。
女性側がいつまでもわがままを言って男性側の最終の切り札を否定してしまうと、男性も困ってしまって意見の違いが泥沼化してしまいます。

スリルを求めたい

ナイフが好きな男性は、恋愛でも人生でもスリルが好きです。
なにか危ういものにこそ魅力を感じるタイプの男性なので、安定を好みません。
ナイフの扱いこそが、ちょっと間違えば怪我をしてしまうものだし、ナイフの刃自体が精巧なバランスの上にギリギリで成り立っている道具です。
男性がナイフを扱うのは、そんなスリリングな人生観を実感したいためと言ってもいいでしょう。
ナイフ好きな男性と恋愛をすれば、その言動に、今までの人生で修羅場をくぐってきたという自負や、ありがちな恋愛に落ち着きたくないという願望を感じ取ることができる場面があるはずです。
もちろんそんなスリリングな面に魅力を感じて恋愛が始まったならそこに突っ走ればいいし、そうでなかったとしても男性の安定を嫌う面を尊重することが恋愛が上手く行くコツです。
例えば喧嘩になりそうなときに変に取り繕わずに、別れるか続けるかの瀬戸際まできちんと向き合ったほうが、危機を一緒に乗り超える連帯感が生まれやすいです。

自分に特別感を持ちたい

ナイフが好きな人は他の人と違う自分を主張したいと考えています。
つまりナイフ=刃物は他の一般の人にとっては怖いもので、なるべく扱いたくないと考える人も多いです。
そんな中で敢えてナイフを扱う自分を、特別だと思いたいし、周囲からも特別だと思われたいのです。
だからナイフが好きな人と恋愛する時には、他のカップルと同じベタなデートや、マンネリ化した付き合いを求めるよりも、他の人が行ったことないスポットで敢えてデートするとか、長く付き合っても新しい趣味にお互い挑戦するような特別感が大切です。
逆に逆効果なのは、他のカップルはみんなクリスマスにこのスポットに行ってるから自分たちもとか、みんなが結婚するからそろそろ自分たちもといった、周囲に同調するような動機での行動は、ナイフが好きな男性との恋愛ではがっかりされる原因になってしまうでしょう。

バイタリティを持ちたい

ナイフが好きな男性は、ナイフを通じて自分の人生を生きているという充実感、バイタリティを持ちたいと思っています。
上記で紹介したように、ナイフにはスリル、強さ、特別感などいろいろな要素が込められていて、つまりはどれも自分で自分の問題を解決して新しい世界を切り開いていくという人生の充実感に繋がっています。
恋愛においてもそれは同じで、人と同じ価値観、成り行き任せの恋愛、妥協した恋愛は好みません。
そんな一面は男性的な魅力にもつながり、そこが女性を引き付けるのかもしれません。
そんなナイフが好きな人と恋に落ちたら、女性の側もそんな男性のバイタリティに身を任せて本音でぶつかり合ってみれば、他の大人しい男性との恋愛とはまた違った楽しさを感じることができるでしょう。

恋人が欲しい方へ

ハート

当サイトが現在お奨めする恋活アプリは「イククル」です。


「イククル」は、国内最大級の1300万人も登録しているアプリ。


私も「ネットで知り合った相手なんか信用できない」と思いながらも半信半疑で登録したことがありますが、何人かの男性から「いいね!」を押され、その内の4人と実際に会いました。


正直ネット恋愛での恋愛は期待していませんでしたが、予想よりも普通の男性でホッとし、中には年収700万の男性もいました。


イククル」は2000年からサービスが始まっており、彼氏が欲しい女性のみなさんは大体、登録しています。しかし、18歳未満はご利用できません。


今なら0円で登録できますが、いつ有料登録になるか分かりません。彼氏がほしい方は、是非、登録してみてください。


素敵な男性があなたの彼氏になれば、彼氏とのデートも楽しくなり、毎日が新鮮に感じます。


二人きりの時の情熱的なハグ。


カップル

生理の時に気を遣ってくれる。


カップル

記念日にサプライズをしてくれる。


カップル

などなど、女性に嬉しいことがいっぱいです♪


朝起きた時にも、彼氏が隣で寝ていると幸せな気持ちになれますよね。


あなたがイククルで素敵な男性と幸せになれることを、ささやかながらに願っています。


イククルの詳細はこちら(18禁)